みんなの歯学〜歯学部1年生でも理解できる!

差動矯正力(サドウキョウセイリョク)

差動矯正力(サドウキョウセイリョク)

差動矯正力とは

 

差動矯正力(differential force)とは、歯を動かす際に必要となる力が、歯根の表面積によって異なることを意味する概念です。

 

ですから、歯根がひとつしかない歯よりも、複数ある歯の方が必要となる矯正力が大きくなります。

 

つまり、単根歯である犬歯よりも、複根歯である大臼歯の方が大きな矯正力を必要とするのです。

 

ただ、この概念には、「大は小を兼ねる」という言葉が当てはまらないのでご注意ください。

 

例えば、犬歯を動かせる程度の矯正力では、大臼歯は動きません。

 

それなら、大臼歯を動かせる矯正力なら、犬歯も一緒に動かせそうなものですよね。

 

けれども実際は、大臼歯に適した矯正力では、犬歯は動かず、大臼歯のみ動くこととなります。

 

これが差動矯正力の最も重要なポイントです。

 

強い力でなぜ犬歯は動かないの?

 

ではなぜ、強い力で犬歯を引っ張っても、動かなくなるのでしょうか。

 

強い力を作用させた際に、犬歯の歯根膜周辺で、広範な硝子様変性が起こっているからです。

 

ちなみに、犬歯と大臼歯の相互牽引では、それぞれ以下のような力が適正な値となります。

 

犬歯  → 150〜200g

 

大臼歯 → 300〜500g

 

以上のことから、移動したい歯の歯根面積を考慮しつつ、適切な矯正力を加えていかなければ、歯列矯正を成功させることは難しいといえます。

 

 

差動矯正力(サドウキョウセイリョク) 関連ページ

口腔習癖
矯正力の作用時間(持続的・断続的・間歇的)
固定源の部位による分類(顎内・顎間・顎外)
アーチレングスディスクレパンシーの求め方
トータルディスクレパンシーの求め方
矯正装置の種類
ヘッドギアの構造と使用目的
リップバンパーの使用目的と副作用
アングル(Angle)の分類
歯の移動様式
アクチバトールの適応症と禁忌症
U級用アクチバトール
V級用アクチバトール
タングクリブの構造と使用目的
フレンケル装置の使用目的と適応症
ナンスのホールディングアーチ
スライディングプレート
二態咬合(ニタイコウゴウ)〜デュアルバイト
上顎前方牽引装置〜プロトラクター
オーバーコレクション
予測模型(ヨソクモケイ)
トゥースサイズレイシオ
平行模型(ヘイコウモケイ
連続抜去法(レンゾクバッキョホウ)
スピーの彎曲(ワンキョク)
下顎角(カガクカク)
鋏状咬合(ハサミジョウコウゴウ)
ANB角
トゥースポジショナー
咬合斜面板(コウゴウシャメンバン)
HIP平面(ヒップヘイメン)
重ね合わせ法(セファロ分析)
Y軸角(ワイジクカク)
タイポドント
鞍状歯列弓(アンジョウシレツキュウ)
セプトトミー
顎態模型(ガクタイモケイ)
バイオネーター
セクショナルアーチ
サードオーダーベンド
スペースリゲーナー
犬歯間保定装置(ケンシカンホテイソウチ)
加強固定(カキョウコテイ)
加強固定に使われる矯正装置

ホーム RSS購読 サイトマップ
Home Sitemap Mail Company