みんなの歯学〜歯学部1年生でも理解できる!

差動矯正力(サドウキョウセイリョク)

差動矯正力(サドウキョウセイリョク)

差動矯正力とは

 

差動矯正力(differential force)とは、歯を動かす際に必要となる力が、歯根の表面積によって異なることを意味する概念です。

 

ですから、歯根がひとつしかない歯よりも、複数ある歯の方が必要となる矯正力が大きくなります。

 

つまり、単根歯である犬歯よりも、複根歯である大臼歯の方が大きな矯正力を必要とするのです。

 

ただ、この概念には、「大は小を兼ねる」という言葉が当てはまらないのでご注意ください。

 

例えば、犬歯を動かせる程度の矯正力では、大臼歯は動きません。

 

それなら、大臼歯を動かせる矯正力なら、犬歯も一緒に動かせそうなものですよね。

 

けれども実際は、大臼歯に適した矯正力では、犬歯は動かず、大臼歯のみ動くこととなります。

 

これが差動矯正力の最も重要なポイントです。

 

強い力でなぜ犬歯は動かないの?

 

ではなぜ、強い力で犬歯を引っ張っても、動かなくなるのでしょうか。

 

強い力を作用させた際に、犬歯の歯根膜周辺で、広範な硝子様変性が起こっているからです。

 

ちなみに、犬歯と大臼歯の相互牽引では、それぞれ以下のような力が適正な値となります。

 

犬歯  → 150〜200g

 

大臼歯 → 300〜500g

 

以上のことから、移動したい歯の歯根面積を考慮しつつ、適切な矯正力を加えていかなければ、歯列矯正を成功させることは難しいといえます。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
Home Sitemap Mail Company