みんなの歯学〜歯学部1年生でも理解できる!

予測模型(ヨソクモケイ)

予測模型(セットアップモデル)の意味と分類

予測模型とは

 

予測模型とは、矯正治療に使用されるもので、口腔模型の個々の歯を分割・移動し、ワックスで再排列したものを指します。

 

抜歯の必要性など、治療計画を立てる上で重要な資料となります。

 

そんな予測模型は、セットアップモデルと呼ばれることもあります。

 

・口腔模型の個々の歯を分割、移動

 

・ワックスで再排列

 

・セットアップモデル(別称)

 

予測模型の分類

 

予測模型は、診断用予測模型と作業用予測模型の2つに分類されます。

 

診断用予測模型

 

診断用予測模型は、治療の最終段階における咬頭嵌合状態をシミュレートし、個々の歯の移動量や方向、固定源の強度、抜歯部位の選択などの検討に活用されます。

・治療の最終段階における咬頭嵌合状態をシミュレート

 

・個々の歯の移動量、方向を予測

 

・固定源の強度を予測

 

・抜歯部位の選択

 

作業用予測模型

 

作業用予測j模型は、トゥースポジショナーやダイナミックポジショナーの製作、マルチブラケット装置におけるアーチワイヤーの屈曲などに活用されます。

 

・トゥースポジショナーやダイナミックポジショナーの製作

 

・マルチブラケット装置におけるアーチワイヤーの屈曲

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
Home Sitemap Mail Company