みんなの歯学〜歯学部1年生でも理解できる!

トゥースサイズレイシオ

トゥースサイズレイシオの意味と計算式

トゥースサイズレイシオとは

 

トゥースサイズレイシオとは、上下顎歯列の調和を評価するための指標で、矯正治療に用いられます。

 

上下額歯冠近遠心幅径を計測することで、その値が求められます。

 

・上下顎歯列の調和を評価

 

・上下額歯冠近遠心幅径を計測

 

トゥースサイズレイシオの種類

 

トゥースサイズレイシオは、オーバーオールレイシオとアンテリアレイシオの2種類があります。

 

オーバーオールレイシオ

 

オーバーオールレイシオは、上下顎の12歯の比率調べるもので、以下の式で求められます。

 

下顎12歯の歯冠近遠心幅径の総和(mm) / 上顎12歯の歯冠近遠心幅径の総和(mm) × 100%

 

オーバーオールレイシオの正常値

 

オーバーオールレイシオの正常値は以下の通りです。

 

91.37±2.10%

 

オーバーオールレイシオの値が標準偏差内に入っていれば、上下顎の大臼歯咬合関係のT級化を確立することができます。

 

アンテリアレイシオ

 

アンテリアレイシオは、上下顎の6前歯の比率を調べるもので、以下の式で求められます。

 

下顎6前歯の歯冠近遠心幅径の総和(mm) / 上顎6前歯の歯冠近遠心幅径の総和(mm) × 100%

 

アンテリアレイシオの正常値

 

アンテリアレイシオの正常値は以下の通りです。

 

78.09±2.19%

 

アンテリアレイシオの値が標準偏差内に入っていれば、オーバーバイトとオーバージェットが適正(2mm前後)で、犬歯の咬合関係のT級化を確立することができます。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
Home Sitemap Mail Company