みんなの歯学〜歯学部1年生でも理解できる!

咬合斜面板(コウゴウシャメンバン)

咬合斜面板(ジャンピングプレート)の構造と適応症

咬合斜面板とは

 

咬合斜面板とは、機能的矯正装置の一種です。

 

混合歯列期の下顎遠心咬合の症例に適応される矯正装置です。

 

そんな咬合斜面板は、ジャンピングプレートと呼ばれることもあります。

 

・機能的矯正装置

 

・混合歯列期の下顎遠心咬合に適応

 

・ジャンピングプレート(別称)

 

咬合斜面板の構造

 

咬合斜面板は、以下に挙げる3つのパーツから構成されています。

 

・斜面板付きのレジン床

 

・クラスプ

 

・唇側線

 

咬合斜面板の作用

 

斜面板は、レジン床の上顎前歯の舌側に設置してあります。

 

ですので、下顎を閉じると、下顎前歯の切端が前方に滑走することとなります。

 

また、下顎前歯が斜面板最前部でレジン床と咬合する際、小臼歯と大臼歯部は咬合せずに開咬状態となるのが特徴です。

 

この状態が習慣化すると、下顎の前方位が定着し、上下顎臼歯は挺出することとなります。

 

その結果、オーバージェットとオーバーバイトはともに減少し、下顎前歯は斜面板に当たることで、圧下及び唇側傾斜していきますので、下顎の遠心咬合が改善されます。

 

咬合斜面板による下顎遠心咬合改善の流れ

 

・斜面板は上顎前歯の舌側に設置

 

・下顎前歯の切端が前方に滑走

 

・小臼歯、大臼歯部は開咬状態

 

・下顎の前方位が定着

 

・上下顎臼歯は挺出

 

・OB、OJは減少

 

・下顎前歯は圧下、唇側傾斜

 

・下顎遠心咬合が改善

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
Home Sitemap Mail Company