みんなの歯学〜歯学部1年生でも理解できる!

HIP平面(ヒップヘイメン)

HIP平面の意味と特徴

HIP平面とは

 

HIP(hamular notch incisive papilla plane)平面とは、左右のハミュラーノッチ(鉤状切痕)と切歯乳頭中央部との3点で構成される平面です。

 

日本語では、鉤状切痕切歯乳頭平面といいます。

 

・左右のハミュラーノッチと切歯乳頭中央部を結んだ平面

 

・鉤状切痕切歯乳頭平面

 

咬合平面と平行なHIP平面

 

軟組織の経時的な変化が生じにくい部位であるため、無歯顎や咬合が失われた症例では、咬合構成の基準となります。

 

また、HIP平面は咬合平面と平行であるため、カンペル平面と同様、仮想咬合平面の決定に利用されることがあります。

 

・経時的な変化が起こりにくい部位

 

・咬合構成の基準となる

 

・咬合平面と平行

 

・仮想咬合平面の決定に利用

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
Home Sitemap Mail Company