みんなの歯学〜歯学部1年生でも理解できる!

鞍状歯列弓(アンジョウシレツキュウ)

鞍状歯列弓の意味と特徴

鞍状歯列弓とは

 

鞍状歯列弓とは、下顎歯列弓に見られる歯列不正です。

 

小臼歯が舌側に萌出することで、歯列が鞍状の形態を呈します。

 

・下顎歯列に見られる

 

・小臼歯が舌側に萌出

 

・歯列が鞍状の形態を呈する

 

鞍状歯列弓の原因

 

鞍状歯列弓の原因は、下顎骨の劣成長や第二乳臼歯の早期喪失などが挙げられます。

 

・下顎骨の劣成長

 

・第二乳臼歯の早期喪失

 

これらの異常によって大臼歯の近心移動が起こり、その結果、小臼歯の萌出余地が不足します。

 

萌出余地が不足した小臼歯は、舌側へと転位することとなります。

 

・大臼歯の近心移動

 

・小臼歯の萌出余地不足

 

・小臼歯の舌側転位

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
Home Sitemap Mail Company