みんなの歯学〜歯学部1年生でも理解できる!

顎態模型(ガクタイモケイ)

顎態模型の定義と特徴

顎態模型とは

 

顎態模型とは、矯正治療に用いられる口腔内模型の一種です。

 

口腔内の状態を顔面頭蓋との関係において立体的に把握するために用いられる模型です。

 

・矯正治療に活用

 

・口腔内模型の一種

 

・口腔模型を顔面頭蓋との関係において立体的に把握

 

顎態模型の基準平面

 

顎態模型は、Simonの三平面を模型上に再現しています。

 

具体的には以下の三平面です。

 

ジモンの三平面

 

・フランクフルト平面

 

・正中矢状平面

 

・眼窩平面

 

フランクフルト平面は、模型の上下基底面と平行で、正中矢状平面は模型の正中線を通り、眼窩平面は左右の眼窩点を通りフランクフルト平面に直交します。

 

 

顎態模型(ガクタイモケイ) 関連ページ

口腔習癖
矯正力の作用時間(持続的・断続的・間歇的)
固定源の部位による分類(顎内・顎間・顎外)
アーチレングスディスクレパンシーの求め方
トータルディスクレパンシーの求め方
矯正装置の種類
ヘッドギアの構造と使用目的
リップバンパーの使用目的と副作用
アングル(Angle)の分類
歯の移動様式
差動矯正力(サドウキョウセイリョク)
アクチバトールの適応症と禁忌症
U級用アクチバトール
V級用アクチバトール
タングクリブの構造と使用目的
フレンケル装置の使用目的と適応症
ナンスのホールディングアーチ
スライディングプレート
二態咬合(ニタイコウゴウ)〜デュアルバイト
上顎前方牽引装置〜プロトラクター
オーバーコレクション
予測模型(ヨソクモケイ)
トゥースサイズレイシオ
平行模型(ヘイコウモケイ
連続抜去法(レンゾクバッキョホウ)
スピーの彎曲(ワンキョク)
下顎角(カガクカク)
鋏状咬合(ハサミジョウコウゴウ)
ANB角
トゥースポジショナー
咬合斜面板(コウゴウシャメンバン)
HIP平面(ヒップヘイメン)
重ね合わせ法(セファロ分析)
Y軸角(ワイジクカク)
タイポドント
鞍状歯列弓(アンジョウシレツキュウ)
セプトトミー

ホーム RSS購読 サイトマップ
Home Sitemap Mail Company