みんなの歯学〜歯学部1年生でも理解できる!

固定源の部位による分類(顎内・顎間・顎外)

固定源の部位による分類(顎内・顎間・顎外)

固定源の部位による分類

 

矯正治療では、固定源をどこに設置するかによって、以下の3つに分類することができます。

 

・顎内固定

 

・顎間固定

 

・顎外固定

 

固定装置がひとつの顎に限局しているのか、上下の顎にまたがっているのか、あるいは顎の外に置かれているのかによって分類しています。

 

顎内固定

 

顎内固定では、固定源と移動歯が同じ部位に存在しています。

 

矯正装置も移動させる歯も、同じ顎内にあるとも言えます。

 

顎内固定の装置には、以下のようなものがあります。

 

・マルチブラケット装置

 

・リンガルアーチ(舌側弧線装置)

 

・床装置

 

顎間固定

 

顎間固定では、固定源と移動歯が別々の顎にあります。

 

固定源を対顎に求めるという言い方をすることもできます。

 

この点が、顎内固定と異なるポイントと言えます。

 

顎内も顎間も口腔内で完結する処置ですが、上下の顎にまたがるかどうかの違いがあるのです。

 

顎間固定の装置には、以下のようなものがあります。

 

・U級エラスティックゴム

 

・V級エラスティックゴム

 

・垂直エラスティックゴム

 

・交叉ゴム

 

顎外固定

 

顎外固定では、固定源が口腔外にあります。

 

つまり、口腔内にある歯や顎の骨ではなく、外部に固定源を求めることとなります。

 

そのため、以下のような大掛かりな装置を必要としまうs。

 

・ヘッドギア

 

・チンキャップ(オトガイ帽装置)

 

・上顎前方牽引装置

 

固定源と抵抗源の違い

 

固定源の部位による分類について学習していると、固定源と抵抗源という言葉が出てくることがあります。

 

一見すると、それぞれ別の意味を持っているように思えます。

 

けれども固定源と抵抗源に違いはありません

 

どちらも同じ意味を表しています。

 

例えば、大学の講義などを聞いていて、抵抗源を移動歯と認識してしまうこともありますが、そうなると厄介ですのでご注意してください。


ホーム RSS購読 サイトマップ
Home Sitemap Mail Company