みんなの歯学〜歯学部1年生でも理解できる!

前癌病変(ゼンガンビョウヘン)

前癌病変の定義と治療法

前癌病変とは

 

前癌病変とは、癌になる一歩手前の状態です。

 

ですので、白板症や紅板症といった具体的な症状が現れています。

 

白板症

 

紅板症

 

WHOの定義に基づいて表現すると、次のようになります。

 

正常な状態と比較して、より癌化しやすい形態的な変化を起こした組織

 

前癌状態より前癌病変の方が癌になる確率が高い

 

よく似た言葉に「前癌状態」というものがあります。

 

「前癌病変と前癌状態の違い」については、個別ページで詳しく解説しますが、簡潔にいうと、前癌病変の方が癌になる確率が高いということになります。

 

前癌病変では、既に肉眼でも確認できるようなダイナミックな形態的変化が見られます。

 

それだけに、癌になる一歩手前まで来ていると捉えることができるのです。

 

前癌病変である白板症と紅板症についても、個別ページで詳しく解説します。

 

前癌病変と前癌状態の違いも個別ページを参照してください。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
Home Sitemap Mail Company