みんなの歯学〜歯学部1年生でも理解できる!

前癌状態(ゼンガンジョウタイ)

前癌状態

前癌状態とは

 

前癌状態とは、癌になる可能性が普通の組織よりも高まっている状態を指します。

 

前癌病変ほどは深刻ではありません。

 

WHOの定義に基づいて表現すると、次のようになります。

 

癌の危険性が有意に増加した状態

 

口腔領域の前癌状態

 

口腔領域の前癌状態には、次のようなものが挙げられます。

 

それぞれの状態を放置すると、基本的には癌を発症します。

 

梅毒

 

間質性舌炎 → 癌化

 

Plummer-Vinson症候群

 

上部消化管粘膜委縮 → 癌化

 

口腔粘膜下線維症

 

上皮委縮 + 間質乳頭部の線維化 → 癌化

 

円板状紅斑性狼瘡(DLE)

 

白赤唇移行部 → 癌化

 

・女性の下唇に好発する

 

・紅斑性狼瘡はエリテマトーデス

 

扁平苔癬

 

委縮型・びらん型の扁平苔癬 → 癌化

 

色素性乾皮症

 

DNA修復欠損、口唇の扁平上皮癌、基底細胞癌

 

光線口唇炎

 

紫外線照射に誘発される炎症で慢性型は癌化するリスクあり

 

表皮水疱症

 

反復性の水疱びらん → 癌化

 

先天性異角化症

 

口腔白板症

 

前癌性メラノーシス

 

顔面黒褐色斑 → 悪性黒色腫

 

口腔領域以外の前癌状態

 

口腔領域以外の前癌状態には、次のようなものを挙げることができます。

 

それぞれの症状が悪化すると、下段に記載されたような癌を発症します。

 

老人性角化症

 

→ 皮膚癌

 

胃潰瘍

 

→ 胃癌

 

大腸ポリープ

 

→ 大腸癌

 

肝硬変

 

→ 肝癌

 

乳腺症

 

→ 乳癌

 

 

 

前癌病変と前癌状態の違いについては、個別ページを参照してください。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
Home Sitemap Mail Company