みんなの歯学〜歯学部1年生でも理解できる!

エイズ(AIDS)にみられる口腔内病変

エイズにみられる口腔内病変

エイズ(AIDS)とは

 

エイズとは、後天性免疫不全症候群と呼ばれる病気で、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)に感染することによって発症します。

 

感染経路は性的接触が主で、その他、献血などで感染することがあります。

 

エイズにおける口腔内病変

 

エイズを発症すると、口腔内に様々な病変が現れます。

 

感染症

 

・カンジダ症

 

・HIV-関連歯肉炎

 

・壊死性潰瘍性歯肉炎(NUG)

 

・単純ヘルペス

 

・帯状疱疹

 

・エプスタインバーウイルス(EBウイルス)

 

エイズにみられる口腔内症状で、最も高頻度に現れるのが口腔カンジダ症です。

 

エイズを発症することにより、カンジダが抗真菌薬に対して耐性を持つようになります。

 

その結果、難治性のカンジダ症となっていくのです。

 

EBウイルスは、毛状白板症の原因にもなります。

 

舌側縁に両側性に症状が現れるのが特徴です。

 

神経症状

 

・三叉神経痛

 

・顔面神経麻痺

 

リンパ節症状

 

・頚部リンパ節症

 

口腔腫瘍

 

・非ホジキンリンパ腫

 

・扁平上皮癌

 

その他の口腔内病変

 

・アフタ性口内炎

 

・壊死性粘膜炎

 

このように、エイズを発症すると免疫機能が低下し、様々な病変が見られるようになるのです。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
Home Sitemap Mail Company