みんなの歯学〜歯学部1年生でも理解できる!

口腔がん〜発生率・好発年齢

口腔がんの発生率や好発年齢

口腔がんとは

 

口腔がんとは、口腔内やその周囲の組織に生じる悪性腫瘍で、全ての悪性腫瘍の約1〜3%を占めています。

 

罹患数も年間で6000人を超えており、死亡数は3000人というデータがあります。

 

口腔がんはあくまで総称で、舌や歯肉、頬粘膜といった部位に応じて、色々な病名がつけられます。

 

その中でも罹患率が最も高いのが舌がんです。

 

舌がんは、口腔がん全体の約60%を占めています。

 

・全悪性腫瘍の1〜3%を占める

 

・年間罹患者数は6000人以上

 

・年間死亡者数は約3000人

 

・舌がんは口腔がん全体の60%を占める

 

口腔がんの好発年齢・男女比

 

口腔がんの好発年齢は、歯肉、頬粘膜で60〜70歳代、舌、口唇、口腔底では50〜60歳代となっています。

 

口腔がん全体の発症率は、男女3:2となっています。

 

ただし、近年では女性の発症率も徐々に増加しています。

 

口腔がんの部位別発生率

 

口腔がんの部位別発生率は次の通りです。

 

・舌→55%

 

・歯肉→19%

 

・口腔底→10%

 

・頬粘膜→9%

 

・硬口蓋→6%

 

・口唇→1%

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
Home Sitemap Mail Company