みんなの歯学〜歯学部1年生でも理解できる!

悪性リンパ腫(ホジキンリンパ腫・非ホジキンリンパ腫)

ホジキンリンパ腫と非ホジキンリンパ腫の違い

悪性リンパ腫とは

 

悪性リンパ腫とは、次に挙げるようなリンパ節を構成する細胞からなる悪性腫瘍です。

 

・リンパ球

 

・組織球

 

・前駆細胞

 

リンパ節は全身へ系統的に分布しているため、悪性リンパ腫は全身を系統的に侵していきます。

 

中でも頭頸部のリンパ節は、悪性リンパ腫の好発部位となっています。

 

そんな悪性リンパ腫は、ホジキンリンパ腫と非ホジキンリンパ腫の2つに分けることができます。

 

・ホジキンリンパ腫

 

・非ホジキンリンパ腫

 

ホジキンリンパ腫

 

ホジキンリンパ腫は、単一リンパ節から始まるリンパ腫です。

 

ホジキン細胞あるいはリード-ステンベルグ(RS)細胞が確認されることが大きな特徴となっています。

 

RS細胞の核はミラーイメージと呼ばれる特徴的な配置を見せます。

 

シンメトリーに核が配置されているために、ミラーイメージという名称が付けられています。

 

また、様々な炎症性細胞浸潤が見られます。

 

・ホジキン細胞、RS細胞(多核巨細胞)

 

・ミラーイメージの核

 

・炎症性細胞浸潤

 

非ホジキンリンパ腫

 

非ホジキンリンパ腫は、次に挙げるような免疫細胞を起源としたリンパ節に発生する悪性腫瘍です。

 

・T細胞

 

・B細胞

 

・組織球

 

ホジキン細胞が確認されないため、非ホジキンリンパ腫という名称が付けられています。

 

この非ホジキンリンパ腫は、腫瘍の増殖様式により、次の2つに分類することができます。

 

・濾胞性(結節性)

 

・びまん性

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
Home Sitemap Mail Company