みんなの歯学〜歯学部1年生でも理解できる!

頬粘膜癌の症状と治療法

頬粘膜癌の症状と治療法

頬粘膜癌とは

 

頬粘膜癌は、頬粘膜に発生する悪性腫瘍です。

 

日本人の発生率は少なく、東南アジアやインドでは多発しています。

 

口腔癌全体では、約9%を占めます。

 

・頬粘膜の悪性腫瘍

 

・日本人の患者は少ない

 

・口腔癌の中の約9%

 

頬粘膜癌の好発年齢

 

頬粘膜癌の好発年齢は60〜70歳代で、男性に多いです。

 

・60〜70歳代の男性

 

頬粘膜癌の好発部位

 

頬粘膜癌の好発部位は、大臼歯部の咬合平面に対応する頬粘膜です。

 

・大臼歯部の咬合平面に対応する頬粘膜

 

頬粘膜癌の症状

 

頬粘膜癌は、初期に白斑を伴い、びらんや小潰瘍、肉芽腫瘤といった病変が現れます。

 

腫瘍の大きさなどに応じて、開口障害を呈することもあります。

 

・初期に白斑

 

・びらん、小潰瘍、肉芽腫瘤と

 

・開口障害

 

頬粘膜癌の組織像

 

頬粘膜癌は、そのほとんど(80〜90%)が高分化型扁平上皮癌です。

 

・高分化型扁平上皮癌

 

頬粘膜癌の治療法

 

頬粘膜癌の治療では、放射線療法と化学療法を併用します。

 

放射線療法は、低悪性度のT1〜T2で、悪性度が高い場合などは手術療法と化学療法で対応することになります。

 

頸部郭清術も必要に応じて行います。

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
Home Sitemap Mail Company