みんなの歯学〜歯学部1年生でも理解できる!

ガマ腫(ラヌーラ)

ガマ腫(ラヌーラ)の症状と治療法

ガマ腫(ラヌーラ)とは

 

ガマ腫とは、粘液貯留嚢胞の一種です。

 

顎下腺導管(ワルトン管)や舌下腺導管(バルトリン管)由来の嚢胞で、口底部に片側性に生じ、病変部は、半球状膨隆を呈します。

 

比較的女性に多く発症する病気です。

 

そんなガマ腫はラヌーラと呼ばれることもあります。

 

ちなみに、見た目がガマの咽頭嚢に似ていることから、ガマ腫という名前が付けられました。

 

・粘液貯留嚢胞

 

・顎下腺や舌下腺の導管由来

 

・口底部に片側性に発生

 

・半球状膨隆

 

・ラヌーラ(別名)

 

・見た目がガマの咽頭嚢

 

・女性に好発

 

ガマ腫の分類

 

ガマ腫は、溢出型と停滞型の2つに分類することができます。

 

溢出型

 

溢出型は、咬傷などによる導管の損傷に起因し、嚢胞壁に裏装上皮は見られません。

 

内層の肉芽組織と外層の線維性結合組織の2層からなり、内腔には粘液様物質と、それを貪食したマクロファージが見られます。

 

停滞型

 

停滞型は、導管が外傷により挫滅したり、唾石により閉塞したりすることで発症します。

 

その結果、導管が部分的に拡張します。

 

嚢胞壁内層は、導管上皮で裏装され、内腔には粘液様物質が見られます。

 

ガマ腫の治療法

 

ガマ腫の治療法は以下の通りです。

 

・嚢胞摘出術

 

・開窓術

 

・舌下腺摘出術

 

ただ、ガマ腫の嚢胞壁は薄く破れやすいため、単純摘出は難しいです。

 

開窓で再発を繰り返す場合は、舌下腺摘出術を行います。

 

顎下部の溢出型嚢胞では、内容吸引圧迫療法が行われることもあります。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
Home Sitemap Mail Company