みんなの歯学〜歯学部1年生でも理解できる!

疱疹性歯肉口内炎(ホウシンセイシニクコウナイエン)

疱疹性歯肉口内炎の原因と症状

疱疹性歯肉口内炎とは

 

疱疹性歯肉口内炎とは、単純ヘルペスウイルス1型(HSV-1)の初感染により生じる病変です。

 

・単純ヘルペスウイルス1型

 

疱疹性歯肉口内炎の症状

 

疱疹性歯肉口内炎では、最初の一週間は潜伏期であり、発熱、食欲不振、全身倦怠感といった全身症状が現れます。

 

潜伏期

 

・発熱

 

・食欲不振

 

・全身倦怠感

 

その後、口腔粘膜に小水疱が多発します。

 

発症後

 

・口腔粘膜の小水疱

 

水疱は破れることでびらんとなりますが、10〜14日間で治癒します。

 

疱疹性歯肉口内炎の好発年齢

 

疱疹性歯肉口内炎は、幼児、小児に好発します。

 

初発が遅れると、青年期に発症することもあります。

 

疱疹性歯肉口内炎の治療

 

疱疹性歯肉口内炎は、安静、栄養改善、二次感染予防などで対応します。

 

そうすることで、2週間後には瘢痕を残さず治癒させることが可能となります。

 

単純ヘルペスウイルスの回帰感染

 

疱疹性歯肉口内炎では、治癒した後、ウイルスが神経節に潜伏することが多々あります。

 

その結果、免疫力が低下した際に回帰感染が起こり、口唇ヘルペスを発症することがあるため注意が必要です。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
Home Sitemap Mail Company