みんなの歯学〜歯学部1年生でも理解できる!

根管貼薬剤(コンカンチョウヤクザイ)

根管貼薬剤の作用と種類

根管貼薬剤とは

 

根管貼薬剤とは、抜髄後の根管内を無菌化するために用いられる薬剤です。

 

・根管を無菌化するための薬剤

 

根管内の微生物に対して非特異的に作用し、持続的な殺菌・消毒効果をもたらします。

 

根管貼薬剤には、歯質や組織に対する為害性が少ないという所要性質が求められます。

 

・殺菌、消毒作用

 

・組織為害性が少ない

 

・歯質への悪影響がない

 

根管貼薬剤の種類

 

根管貼薬剤には、以下のような種類が挙げられます。

 

・ホルマリン製剤

 

・フェノール製剤

 

水酸化カルシウム製剤

 

・ヨウ素製剤

 

・抗菌薬

 

臨床では、主に水酸化カルシウム製剤が根管貼薬剤として使用されています。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
Home Sitemap Mail Company