みんなの歯学〜歯学部1年生でも理解できる!

水酸化カルシウム製剤(根管貼薬剤)

水酸化カルシウム製剤の特徴

水酸化カルシウム製剤の作用

 

水酸化カルシウム製剤は、間接覆髄材、直接覆髄材、生活歯髄切断材、根管充填材として使用されている薬剤です。

 

この水酸化カルシウム製剤は、各種の細菌に持続的殺菌作用があります。

 

それに加え、壊死組織溶解作用、浸出液抑制作用、消炎作用、硬組織誘導作用、鎮痛作用、LPS不活化作用なども備えています。

 

・持続的殺菌作用

 

・死組織溶解作用

 

・浸出液抑制作用

 

・消炎作用

 

・硬組織誘導作用

 

・鎮痛作用

 

・LPS不活化作用

 

水酸化カルシウム製剤の特徴

 

水酸化カルシウムは白色粉末で、水に難溶性の物質です。

 

pHは約12で高アルカリ性を示し、殺菌作用はこの高アルカリ性によるものです。

 

けれども、何らかの理由でpHが下がると、抗菌効果が減少し殺菌効果も低下してしまいます。

 

・白色粉末

 

・水に溶けにくい

 

・高アルカリ性を示す(殺菌作用)

 

・pHが下がると殺菌効果も下がる

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
Home Sitemap Mail Company