みんなの歯学〜歯学部1年生でも理解できる!

根管洗浄剤〜根管の化学的清掃

根管洗浄剤の種類と作用

根管洗浄剤の種類

 

根管洗浄剤は、有機質溶解剤(次亜塩素酸ナトリウム溶液)と無機質溶解剤(EDTA)の2種類に大きく分けることができる。

 

・有機質溶解剤(次亜塩素酸ナトリウム溶液)

 

・無機質溶解剤(EDTA)

 

有機質溶解剤の特徴と作用

 

有機質溶解剤(次亜塩素酸ナトリウム溶液)

 

次亜塩素酸ナトリウム(NaClO)溶液は、強力な抗菌作用と抗ウイルス作用で細菌、真菌、ウイルスにも有効であることから、最も効果的な根管洗浄剤として使用されています。

 

臨床での使用濃度は0.5〜5.25%溶液が一般的です。

 

根尖孔外への次亜塩素酸ナトリウム溶液の押し出しは、痛みとともに浮腫や膿瘍を形成するため、根管内洗浄時には周囲組織に触れないよう十分に注意する必要があります。

 

次亜塩素酸ナトリウム溶液の使用上の注意をまとめると、以下の通りになります。

 

・NaClOの使用濃度は0.5〜5.25%溶液で、抗菌効果と有機質溶解性を有する

 

・根管洗浄は根管形成前、形成時、形成後に行う

 

・希釈した溶液の安定性は1週間程度

 

・褐色ビンに保管して使用する

 

・使用時はラバーダム装着が必要

 

・根尖孔外へ押し出さない

 

次亜塩素酸ナトリウム溶液と過酸化水素水の交互洗浄

 

根管洗浄は次亜塩素酸ナトリウム溶液と過酸化水素水の交互洗浄が基本術式となっています。

 

2つの薬液を交互に用いることによる酸素の発泡作用で、感染源や切削片を物理的に洗浄することが可能となります。

 

ただし、過酸化水素は次亜塩素酸ナトリウムの抗菌効果を減弱させることが確認されており、交互洗浄の有用性は低下しつつあります。

 

無機質溶解剤の特徴と作用

 

無機質溶解剤(EDTA)

 

EDTA(Ethylen Diamine Tetraacetic Acid)は、根管壁象牙質のCaイオンと結合してカルシウムキレートを形成し、象牙質を脱灰します。

 

主な目的はスミヤー層の除去であり、次亜塩素酸ナトリウム溶液による最終根管洗浄後に1分間の17%EDTA洗浄が有効であることが確認されています。

 

17%EDTAの使用は、無機質の溶解だけでなく残存した有機質成分の除去効果も期待することができます。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
Home Sitemap Mail Company