みんなの歯学〜歯学部1年生でも理解できる!

間接抜髄(カンセツバツズイ)

間接抜髄の意味と適応

間接抜髄とは

 

間接抜髄とは、歯髄の全てを除去する際に、除痛法として失活法を行う治療法です。

 

抜髄をする際には、既に歯髄は死んでいるため、失活抜髄と呼ばれることもあります。

 

・歯髄の全部除去

 

・除痛のために失活法を事前に行う

 

・失活抜髄(別名)

 

間接抜髄の適応症

 

間接抜髄は、急性症状を伴わない歯髄が適応です。

 

全身疾患などによって局所麻酔が使えない症例で、活用されます。

 

・急性症状を伴わない歯髄

 

・局所麻酔が使えない症例

 

間接抜髄の手順

 

間接抜髄の手順は、以下の通りです。

 

・歯髄失活剤を歯髄組織に直接塗布

 

・失活剤の細胞毒、神経毒、血管毒で歯髄を失活

 

・歯髄組織が壊死してから抜髄

 

ちなみに歯髄失活剤は、う窩の象牙質面に塗布することもあります。

間接抜髄の歯髄失活剤

 

間接抜髄の失活剤では、以下のようなものが使用されます。

 

・亜ヒ酸糊剤

 

・パラホルム糊剤

 

 

間接抜髄(カンセツバツズイ) 関連ページ

アペキソゲネーシスとアペキシフィケーション
歯髄疾患(13)
根尖性歯周炎の原因
根尖性歯周炎の分類
急性単純性根尖性歯周炎の原因と症状
急性化膿性根尖性歯周炎の原因と症状
慢性単純性根尖性歯周炎の原因と症状
慢性化膿性根尖性歯周炎の原因と症状
歯根肉芽腫の原因と症状
歯根嚢胞の原因と症状
フェニックス膿瘍の原因と症状
ストッピング
根管貼薬剤(コンカンチョウヤクザイ)
タウロドント(タウロドンティズム)
根管充填に使用する器具
水酸化カルシウム製剤(根管貼薬剤)
水酸化カルシウム製剤の貼薬方法
根管洗浄剤〜根管の化学的清掃
セメント象牙境(セメントゾウゲキョウ)
生理学的根尖孔(セイリガクテキコンセンコウ)
不顕性露髄(フケンセイロズイ)
ホルムクレゾール(FC)
幻歯痛(ゲンシツウ)
コロナルリーケージ
外歯瘻(ガイシロウ)
根管長測定法(コンカンチョウソクテイホウ)
咬頭被覆(コウトウヒフク)
オーバーインスツルメンテーション
開口器(カイコウキ)
EMR(電気的根管長測定法)
根管通過法(コンカンツウカホウ)
アピカルジップ
歯根端切除術(シコンタンセツジョジュツ)
フレアーアップ
フレアー形成
フェリアーのセパレーター
アピカルシート・アピカルストップ
髄室(ズイシツ)
間接覆髄法(カンセツフクズイホウ)
意図的再植(イトテキサイショク)
歯髄鎮痛消炎剤
タグバック
歯痛錯誤(シツウサクゴ)

ホーム RSS購読 サイトマップ
Home Sitemap Mail Company