みんなの歯学〜歯学部1年生でも理解できる!

フレアー形成

フレアー形成の意味と適応症

フレアー形成とは

 

フレアー形成とは、2級メタルインレー窩洞のイスムスから頬側、あるいは舌側に向かう外形線を、自然な末広がりの状態に形成することです。

 

これをフレアーカーブやスイーピングカーブと呼ぶこともあります。

 

・2級メタルインレー窩洞における形成

 

・イスムスから頬側あるいは舌側に向かう外形線を自然な末広がりの状態にする

 

フレアー形成の適応症

 

フレアー形成は、ボックス2級窩洞に適応されます。

 

フレアー形成することによって、メタルインレーの頬側と舌側の辺縁は菲薄になりますが、材料自体が強靭ですので問題はありません。

 

・ボックス2級窩洞

 

・頬舌側の辺縁は菲薄になるが問題ない

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
Home Sitemap Mail Company