みんなの歯学〜歯学部1年生でも理解できる!

ステップバック法

ステップバック法の特徴と手順

ステップバック法とは

 

ステップバック法とは、彎曲根管において、根管からの器具の逸脱を防ぐ目的で行われる根管拡大形成法です。

 

・彎曲根管に適応される根管拡大形成法

 

・根管からの器具の逸脱を防止

 

ステップバック法が必要な理由

 

根管拡大用の器具は、30番以降のサイズになると急激に柔軟性が低下します。

 

そのため、通常の拡大形成を行うと、器具は根管壁の外彎を強く切削し、本来の根管から逸脱してアピカルジップレッジを形成してしまうのです。

 

・30番以降のサイズになると急激に柔軟性が低下

 

・根管壁の外彎を強く切削

 

・ジップやレッジを形成

 

ステップバック法の手順

 

ジップやレッジなどを予防する目的で、25番のサイズまではKファイルによる通常の拡大(フレアー形成法)を行います。

 

続いて、柔軟性が低下する30〜40番までは、サイズが増加するごとに1mmずつ作業長を短くしていきます。

 

・25番のサイズまではKファイルによる通常の拡大形成(フレアー形成法

 

・柔軟性が低下する30〜40番まではサイズが増加するごとに1mmずつ作業長を短くする

 

そうすることで、根管外彎への器具の逸脱を防ぐことができます。

 

また、歯冠方向へ向けた根管の外開きテーパーを付与することが可能となります。

 

・根管外彎への器具の逸脱を防止

 

・根管の外開きテーパーを付与

 

根管上部をゲイツグリデンドリルなどにより広げた後、作業長の短縮で生じた根管壁の階段状の切削痕を25番のKファイルで平滑にします。

 

なお、作業長の短縮によって根管先端に目詰まりが起こりやすくなっています。

 

そのため、次のサイズに移る前に、25番のKファイルを挿入し、目詰まりや器具の逸脱の有無などを確認していく必要があります。

 

また、Kファイルには根管の彎曲度に合わせたプレカーブを付与することで、無理のない器具操作を行うことができます。

 

・根管上部をゲイツグリデンドリルで広げる

 

・作業長の短縮で生じた根管壁の階段状の切削痕を25番のKファイルで平滑化

 

・次のサイズに移る前に25番のKファイルで目詰まりや器具の逸脱を確認

 

・Kファイルには根管の彎曲度に合わせたプレカーブを付与

 

 

 

ステップバック法 関連ページ

アペキソゲネーシスとアペキシフィケーション
歯髄疾患(13)
根尖性歯周炎の原因
根尖性歯周炎の分類
急性単純性根尖性歯周炎の原因と症状
急性化膿性根尖性歯周炎の原因と症状
慢性単純性根尖性歯周炎の原因と症状
慢性化膿性根尖性歯周炎の原因と症状
歯根肉芽腫の原因と症状
歯根嚢胞の原因と症状
フェニックス膿瘍の原因と症状
ストッピング
根管貼薬剤(コンカンチョウヤクザイ)
タウロドント(タウロドンティズム)
根管充填に使用する器具
水酸化カルシウム製剤(根管貼薬剤)
水酸化カルシウム製剤の貼薬方法
根管洗浄剤〜根管の化学的清掃
セメント象牙境(セメントゾウゲキョウ)
生理学的根尖孔(セイリガクテキコンセンコウ)
不顕性露髄(フケンセイロズイ)
ホルムクレゾール(FC)
幻歯痛(ゲンシツウ)
コロナルリーケージ
外歯瘻(ガイシロウ)
根管長測定法(コンカンチョウソクテイホウ)
咬頭被覆(コウトウヒフク)
オーバーインスツルメンテーション
開口器(カイコウキ)
EMR(電気的根管長測定法)
根管通過法(コンカンツウカホウ)
アピカルジップ
歯根端切除術(シコンタンセツジョジュツ)
間接抜髄(カンセツバツズイ)
フレアーアップ
フレアー形成
フェリアーのセパレーター
アピカルシート・アピカルストップ
髄室(ズイシツ)
間接覆髄法(カンセツフクズイホウ)
意図的再植(イトテキサイショク)
歯髄鎮痛消炎剤
タグバック
歯痛錯誤(シツウサクゴ)
マセランキット
待機的診断法
歯髄息肉(歯髄ポリープ)
慢性開放性歯髄炎
MTAセメント
直接覆髄(チョクセツフクズイ)
仮性露髄・不顕性露髄
歯髄振盪(シズイシントウ)
歯髄電気診
抜髄針(バツズイシン)
ホルマリングアヤコール
レッジ

ホーム RSS購読 サイトマップ
Home Sitemap Mail Company