みんなの歯学〜歯学部1年生でも理解できる!

急性単純性根尖性歯周炎の原因と症状

急性単純性根尖性歯周炎の原因と症状

急性単純性根尖性歯周炎とは

 

急性単純性根尖性歯周炎とは、根尖の歯周組織の生じる急性の炎症です。

 

細菌感染や機械的刺激によって起こります。

 

急性単純性根尖性歯周炎は、急性漿液性根尖性歯周炎とも呼ばれ、漿液を主体とした滲出液が生じます。

 

急性単純性根尖性歯周炎の原因

 

急性単純性根尖性歯周炎の原因は、機械的刺激と化学的刺激の2つに分けることができます。

 

機械的刺激

 

・過剰な咬合力(咬合性外傷

 

・根管治療器具による刺激(ファイル、リーマー)

 

・根管充填時の刺激(ポイント、シーラー)

 

・気腫や仮封による圧力

 

化学的刺激

 

・変性タンパク質による刺激

 

・炎症ケミカルメディエーターによる刺激

 

・根管洗浄剤、根管貼薬剤による刺激

 

・根管充填剤による刺激

 

ご覧の通り、歯科治療に伴う刺激が原因で発症することが多いです。

 

急性単純性根尖性歯周炎の症状

 

急性単純性根尖性歯周炎の症状は、次の通りです。

 

自発痛

 

僅かにある

 

咬合痛・打診痛

 

軽度かつ一過性である

 

根尖部圧痛

 

なし

 

根尖部歯肉の発赤・腫脹

 

なし

 

エックス線所見

 

変化なし

 

リンパ節圧痛

 

なし

 

以上のように、急性単純性根尖性歯周炎は、自覚症状および他覚症状が乏しいと言えます。

 

根尖部で何が起こっているのか

 

急性単純性根尖性歯周炎は、急性炎症の初期症状ですので、歯根膜の変性や破壊といった現象は起こりません

 

ただ、根尖部の血管に充血が生じることで、歯根膜に浮腫が現れることがあります。

 

こうした充血や浮腫によって、根尖部の内圧が亢進して、歯の挺出感を招くことがありますので注意しましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ
Home Sitemap Mail Company