みんなの歯学〜歯学部1年生でも理解できる!

慢性化膿性根尖性歯周炎の原因と症状

慢性化膿性根尖性歯周炎の原因と症状

慢性化膿性根尖性歯周炎とは

 

慢性化膿性根尖性歯周炎とは、急性化膿性根尖性歯周炎が慢性化した疾患です。

 

慢性歯槽膿瘍や慢性根尖周囲膿瘍と呼ばれることもあります。

 

いずれの名称も、化膿巣に膿瘍が形成されることに由来しています。

 

慢性化膿性根尖性歯周炎の原因

 

慢性化膿性根尖性歯周炎の原因は、急性化膿性根尖性歯周炎における排膿路の確保です。

 

根管の開放や膿瘍の切開、あるいは自壊によって排膿路が確保され、炎症が慢性化していきます。

 

また、不完全な感染根管治療によって、軽微な細菌性の刺激を受け続けることでも発症します。

 

・根管の開放

 

・膿瘍の切開

 

・膿瘍の自壊

 

・不完全な感染根管治療

 

慢性化膿性根尖性歯周炎の症状

 

慢性化膿性根尖性歯周炎の症状は、次の通りです。

 

自発痛

 

なし

 

咬合痛・打診痛

 

軽微

 

根尖部圧痛

 

軽微

 

根尖部歯肉の発赤・腫脹

 

軽微

 

エックス線所見

 

・境界不明瞭なびまん性の骨吸収像

 

・歯根吸収

 

リンパ節圧痛

 

なし

 

 

リンパ節が硬結し、わずかに腫脹することもあります。

 

病理学的所見は?

 

慢性化膿性根尖性歯周炎では、化膿巣中心部に膿瘍が形成されます。

 

この膿瘍には、細菌や壊死性変性物質、膿球などが含まれています。

 

これらの物質を処理する為に、組織内へマクロファージが浸潤してきます。

 

・膿瘍形成

 

・マクロファージの浸潤

 

また、化膿巣周囲には肉芽組織からなる膿瘍膜が形成されるため、慢性根尖周囲膿瘍や慢性歯槽膿瘍と呼ばれることもあります。

 

・慢性根尖周囲膿瘍

 

・慢性歯槽膿瘍


ホーム RSS購読 サイトマップ
Home Sitemap Mail Company