みんなの歯学〜歯学部1年生でも理解できる!

歯根肉芽腫の原因と症状

歯根肉芽腫の原因と症状

歯根肉芽腫とは

 

歯根肉芽腫とは、根尖周囲に貯留した膿が吸収され、器質化された病態です。

 

つまり、慢性化膿性根尖性歯周炎から移行したものが歯根肉芽腫です。

 

化膿巣は肉芽組織へと置換されています。

 

*肉芽(ニクゲ)に関しては肉芽組織をご参照下さい

 

歯根肉芽腫の原因

 

歯根肉芽腫の原因は、慢性化膿性根尖性歯周炎です。

 

慢性化膿性根尖性歯周炎を治療せず放置しておくと、歯根肉芽腫へと移行していきます。

 

歯根肉芽腫の症状

 

歯根肉芽腫の症状は、次の通りです。

 

自発痛

 

なし

 

咬合痛・打診痛

 

軽微

 

根尖部圧痛

 

軽微

 

根尖部歯肉の発赤・腫脹

 

軽微

 

エックス線所見

 

境界明瞭な透過像

 

リンパ節圧痛

 

なし

 

歯根肉芽腫の病理学的所見

 

歯根肉芽腫は、内外2層に分かれています。

 

内側には毛細血管や線維芽細胞が集中しており、組織の増殖も活発です。

 

一方、外側は組織の器質化が進んでいます。

 

器質化初期には、好中球の浸潤が多く、続いてリンパ球や形質細胞が増えていきます。


ホーム RSS購読 サイトマップ
Home Sitemap Mail Company