みんなの歯学〜歯学部1年生でも理解できる!

歯の咬耗と摩耗

歯の咬耗と摩耗

咬耗と摩耗の違いとは?

 

歯が擦り減っていくことを、咬耗や摩耗といった言葉で表すことがあります。

 

どちらも似たような言葉なので、違いがわかりにくいですよね。

 

ただ、漢字の違いがそのまま、ぞれぞれの性質の違いを表していると言えます。

 

咬耗であれば「咬む」、摩耗であれば「摩る」ですね。

 

つまり、咬耗は咬むことによって歯が擦り減り、摩耗は摩ることによって歯が擦り減ることを意味しています。

 

歯の咬耗

 

歯の咬耗とは、ものを咬んだ際に、歯質と歯質歯質と修復物歯質と食物が強く接触することによって生じます。

 

硬いもの同士が接触することで、歯質が擦り減るということですね。

 

接触した部位のエナメル質や象牙質には実質欠損が生じます。

 

もちろん、セラミックや合金などの修復物にも欠損が生じることになります。

 

こうした咬耗の原因には、様々なものがありますが、就寝中の歯ぎしりや食いしばりなどによって生じるケースが多いと言えます。

 

歯の摩耗

 

歯の摩耗とは、歯ブラシなどで過剰にブラッシングを行った際に生じる欠損です。

 

特に、研磨剤が含まれた歯磨き粉で、ゴシゴシと強くブラッシングし続けると、歯が摩耗していきます。

 

また、職業性摩耗といったタイプの摩耗もあります。

 

これは、ガラス職人や吹奏楽器奏者によく現れるもので、楽器などが絶えず歯と接触することで歯が摩耗していきます。

 

その他、部分床義歯のクラスプでも、歯の摩耗が生じることがあります。


ホーム RSS購読 サイトマップ
Home Sitemap Mail Company