みんなの歯学〜歯学部1年生でも理解できる!

ブラック(G.V.Black)の分類

ブラック(G.V.Black)による窩洞の分類

窩洞の分類

 

窩洞の分類には、G.V.Blackが提唱した分類法が用いられます。

 

 

T級窩洞

 

小窩裂溝に位置する窩洞で

・臼歯の咬合面

 

・臼歯の頬側及び舌側における咬合面2/3

 

・前歯舌面

の小窩に限局する窩洞

 

U級窩洞

 

臼歯の隣接面における窩洞

 

V級窩洞

 

前歯の隣接面窩洞で切縁隅角を含まない窩洞

 

W級窩洞

 

前歯の隣接面窩洞で切縁隅角を含む窩洞

 

X級窩洞

 

歯冠の唇側、頬側、舌側の歯頚側1/3における窩洞

 

ちなみに、以下の窩洞は、ブラックの分類には含まれません。

・全部冠窩洞

 

・くさび状欠損窩洞

 

・根面う蝕窩洞

 

窩洞形態の5条件

 

ではここで、同じくブラックが提唱した窩洞形態の5条件についても覚えてしまいましょう。

 

適切な窩洞形態

 

十分な保持形態

 

十分な抵抗形態

 

必要な便宜形態

 

正しい窩縁形態

 

ブラックさんってどんな人?

 

ブラックさんの本名は、グリーン・バーディマン・ブラック(G.V.Black)です。

 

アメリカの歯科医師で、現代歯学の礎を築いた一人で、とっても偉大な方なのです。

 

歯科用アマルガムや歯のフッ素症について研究された方で、数多くの実績を残しています。

 

何より、保存修復では基本中の基本とも呼べる、窩洞の分類と窩洞形態の5条件を提唱しており、歯科学を学ぶもので知らないものはいません。

 

ただ、歯科用アマルガムの最適な配合に関する研究は、結局無駄になってしまいましたね。

 

参考文献

 

『保存修復学 21』 第四版 永末書店


ホーム RSS購読 サイトマップ
Home Sitemap Mail Company