みんなの歯学〜歯学部1年生でも理解できる!

ランパントカリエス

ランパントカリエスの意味と原因

ランパントカリエスとは

 

ランパントカリエスとは、多数の歯面に同時に、かつ急速にう蝕が広がる病態です。

 

う蝕多発症と呼ばれることもあります。

 

・多数の歯面に同時かつ急速にう蝕が広がる

 

・う蝕多発症(別名)

 

ちなみにランパントカリエスは、MasslerとSchourによるう蝕罹患型分類の一種です。

 

ランパントカリエスの特徴

 

ランパントカリエスは、う蝕の進行が早く、早期に歯髄感染が起こります。

 

また、通常ではう蝕になりにくい下顎前歯部もう蝕を発症することが珍しくありません。

 

・進行が早い

 

・歯髄感染が早期に起こる。

 

・う蝕への抵抗性が高い下顎前歯部まで侵される

 

ランパントカリエスの原因

 

ランパントカリエスの主な原因は、糖質の過剰摂取や頻繁な間食、それからう蝕に対する予防意識が低いという点が挙げられます。

 

・糖質の過剰摂取

 

・間食の回数が多い

 

・虫歯予防の意識が低い

 

ランパントカリエスの好発年齢

 

ランパントカリエスは、上述した原因を見てもわかる通り、10代の好発するう蝕だといえます。

 

その他、独り暮らしを始めたばかりの人も、自己管理が行き届かず、ランパントカリエスを発症することがあります。

 

ただ、最近では、ランパントカリエスの発症率は非常に低くなっているのが現実です。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
Home Sitemap Mail Company