みんなの歯学〜歯学部1年生でも理解できる!

リング状マトリックスリテーナー

リング状マトリックスリテーナー(バイタインリング)の特徴と適応症

リング状マトリックスリテーナーとは

 

リング状マトリックスリテーナーとは、2級コンポジットレジン修復の際に使用するリテーナーです。

 

バイタインリングと呼ばれることもあります。

 

・2級CR修復に適応

 

・バイタインリング(別名)

 

リング状マトリックスリテーナーの特徴

 

リング状マトリックスリテーナーは、2級修復でマトリックス(隔壁)を歯間隣接面に装着する際に用います。

 

2本の角(保持脚)で、マトリックスを挿入した歯間部を挟み込み、固定します。

 

装着時には歯間部を頬舌的に圧迫するため、セパレーター(歯間分離器)としての機能も果たします。

 

・マトリックスを歯間隣接面に装着する際に使用

 

・2本の角でマトリックスを固定

 

・歯間部を頬舌的に圧迫

 

・セパレーター(歯間分離器)としても機能

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
Home Sitemap Mail Company