みんなの歯学〜歯学部1年生でも理解できる!

シャーピー線維

シャーピー線維の意味と特徴

シャーピー線維とは

 

シャーピー線維とは、歯根膜の主な構成線維で主線維が、セメント質と歯槽骨へと埋入した部分を指します。

 

貫通線維と呼ばれることもあるコラーゲン線維の束です。

 

・歯根膜の主線維がセメント質と歯槽骨へと埋入した部分

 

・貫通線維(別称)

 

・コラーゲン線維の束

 

シャーピー線維の特徴

 

歯根膜の主線維は主としてコラーゲン線維からなり、束をなしています。

 

このコラーゲン線維の束の一端はセメント質へ、もう一端は歯槽骨へと埋入し、歯を歯槽骨へとつなぎとめる役割を果たしています。

 

・一端はセメント質へ、もう一端は歯槽骨へと埋入

 

・歯を歯槽骨へとつなぎとめている

 

一般的にセメント質のシャーピー線維は、歯槽骨のものより短くなっています。

 

また、シャーピー線維は加齢とともに不均一に分布するようになります。

 

・セメント質のシャーピー線維は歯槽骨のものより短い

 

・加齢とともに不均一に分布するようになる

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
Home Sitemap Mail Company