みんなの歯学〜歯学部1年生でも理解できる!

Lindhe(リンデ)の根分岐部病変分類【図】

Lindhe(リンデ)の根分岐部病変分類

Lindheの分類のわかりやすい表現

 

Lindhe(リンデ)の根分岐部病変分類をシンプルに表現すると、次の通りになります。

 

図も併せてご参照ください。

 

1度

 

歯冠幅径の1/3以内にしかプローブを挿入できない状態

 

2度

 

歯冠幅径の1/3以上プローブを挿入できるが貫通はしない状態

 

3度

 

プローブが貫通する状態

 

 

Lindheの分類の厳密な定義

 

Lindhe(リンデ)の根分岐部病変分類を厳密に定義すると、次のような表現になります。

1度

 

根分岐部周辺の水平的な付着の喪失(アタッチメントロス)が歯の幅径の1/3を超えない状態

 

2度

 

根分岐部周辺の水平的な付着の喪失(アタッチメントロス)が歯の幅径の1/3を超えるが、根分岐部を通過しない状態

 

3度

 

根分岐部において頬舌的または近遠心的にプロ-ブが貫通する状態

 

ちなみに正式には、Lindhe(リンデ)Nyman(ニーマン)の根分岐部病変分類と呼ばれています。

 

参考文献

 

『歯周病学』 永末書店

Lindhe(リンデ)の根分岐部病変分類【図】 関連ページ

スティップリング(Gingival Stippling)
歯の動揺〜Millerの分類
咬合性外傷と外傷性咬合
根分岐部病変の原因と分類
Glickman(グリックマン)の根分岐部病変分類
ファルカプラスティの適応と術式
トンネリングの適応と術式
歯根分離法(ルートセパレーション)の適応と術式
根分岐部病変の治療法
歯根切除法(ルートリセククション)の適応と術式
ヘミセクションの適応と術式
トライセクションの適応と術式
歯肉増殖症の原因となる薬剤
歯肉増殖症の治療法
遺伝性の歯肉増殖症
歯周外科治療の目的
歯周外科治療の禁忌症
歯周外科治療の種類
歯周ポケット掻爬術
再付着と新付着(歯肉組織)
口腔前庭拡張術
小帯切除術(ショウタイセツジョジュツ)
エムドゲイン
歯肉縁上歯石と歯肉縁下歯石
歯石の化学的組成
ポケットデプスとプロービングポケットデプスの違い
パラタルフラップの手順
パラタルフラップの利点
パラタルフラップの特徴
新付着術(ENAP)
SPT(サポーティブペリオドンタルセラピー)
ボーンサウンディング
歯肉歯槽粘膜形成術(シニクシソウネンマクケイセイジュツ)
アタッチメントレベル
フェストゥーン
辺縁性歯周炎(ヘンエンセイシシュウエン)

ホーム RSS購読 サイトマップ
Home Sitemap Mail Company