みんなの歯学〜歯学部1年生でも理解できる!

遺伝性の歯肉増殖症

遺伝性の歯肉増殖症

遺伝性歯肉線維腫症(イデンセイシニクセンイシュショウ)とは

 

遺伝的因子が関係している歯肉増殖症を遺伝性歯肉線維腫といいます。

 

小児の歯肉に現れやすい病変で、成長期にある間は切除してもすぐに再発してしまいます。

 

遺伝性歯肉線維腫症の特徴

 

遺伝性歯肉線維腫症では、歯肉の一部あるいは全体の粘膜固有層に線維組織性の増殖が見られます。

 

非常に稀な病気です。

 

薬剤性歯肉増殖症と比べても、歯肉の増殖量が著しいため、ほとんどの歯が歯肉で覆われてしまいます。

 

また、腫大した歯肉はスティップリングが目立つという特徴もあります。

 

・粘膜固有層に線維組織性の増殖

 

・スティップリングが目立つ

 

歯肉の表面は白くて硬いです。

 

遺伝性歯肉線維腫症の病理学的所見

 

遺伝性歯肉線維腫症では、血管に乏しい線維性結合組織が増生しています。

 

そのせいで歯肉がピンクではなく白く見えるのです。

 

この線維性結合組織は、硝子化した太いコラーゲン線維が交錯することで構成されています。

 

 

 

 

遺伝性の歯肉増殖症 関連ページ

スティップリング(Gingival Stippling)
歯の動揺〜Millerの分類
咬合性外傷と外傷性咬合
根分岐部病変の原因と分類
Lindhe(リンデ)の根分岐部病変分類【図】
Glickman(グリックマン)の根分岐部病変分類
ファルカプラスティの適応と術式
トンネリングの適応と術式
歯根分離法(ルートセパレーション)の適応と術式
根分岐部病変の治療法
歯根切除法(ルートリセククション)の適応と術式
ヘミセクションの適応と術式
トライセクションの適応と術式
歯肉増殖症の原因となる薬剤
歯肉増殖症の治療法
歯周外科治療の目的
歯周外科治療の禁忌症
歯周外科治療の種類
歯周ポケット掻爬術
再付着と新付着(歯肉組織)
口腔前庭拡張術
小帯切除術(ショウタイセツジョジュツ)
エムドゲイン
歯肉縁上歯石と歯肉縁下歯石
歯石の化学的組成
ポケットデプスとプロービングポケットデプスの違い
パラタルフラップの手順
パラタルフラップの利点
パラタルフラップの特徴
新付着術(ENAP)
SPT(サポーティブペリオドンタルセラピー)
ボーンサウンディング
歯肉歯槽粘膜形成術(シニクシソウネンマクケイセイジュツ)
アタッチメントレベル
フェストゥーン
辺縁性歯周炎(ヘンエンセイシシュウエン)

ホーム RSS購読 サイトマップ
Home Sitemap Mail Company