みんなの歯学〜歯学部1年生でも理解できる!

歯周外科治療の禁忌症

歯周外科治療の禁忌症

歯周外科治療を避けるべき状態

 

歯周外科処置には様々なリスクが伴います。

 

それだけに、次に挙げるような状態は避けなければいけません。

 

・プラークコントロールが確立されていない

 

・歯周基本治療が完了していない

 

・患者の理解が得られていない

 

・全身状態に問題がある

 

・体力が低下している高齢者

 

プラークコントロールが確立されていなければ、歯周病は再発します。

 

苦労して歯周外科治療を施し、根面を綺麗に清掃したとしても、根本的な原因が取り除かれていなければ意味がないのです。

 

また、歯周外科治療はあくまで歯周基本治療の延長にあるものです。

 

歯周基本治療が完了していない時点で、歯周外科処置へと移行することはあり得ません。

 

歯周外科処置の禁忌症

 

全身状態に関しては、次に挙げるような出血性疾患に注意しましょう。

 

・血小板減少症

 

・血友病

 

・抗凝固薬の服用

  

 

体力の低下は、加齢だけでなく、様々な疾患による免疫力の低下も含まれています。

 

次に挙げるような疾患は禁忌といえます。

 

・好中球減少症 

 

・白血病 

 

・糖尿病

 

・悪性腫瘍 

 

・心疾患

 

その他、妊婦に対しても歯周外科処置は基本的に行われません。

 

 

歯周外科治療の禁忌症 関連ページ

スティップリング(Gingival Stippling)
歯の動揺〜Millerの分類
咬合性外傷と外傷性咬合
根分岐部病変の原因と分類
Lindhe(リンデ)の根分岐部病変分類【図】
Glickman(グリックマン)の根分岐部病変分類
ファルカプラスティの適応と術式
トンネリングの適応と術式
歯根分離法(ルートセパレーション)の適応と術式
根分岐部病変の治療法
歯根切除法(ルートリセククション)の適応と術式
ヘミセクションの適応と術式
トライセクションの適応と術式
歯肉増殖症の原因となる薬剤
歯肉増殖症の治療法
遺伝性の歯肉増殖症
歯周外科治療の目的
歯周外科治療の種類
歯周ポケット掻爬術
再付着と新付着(歯肉組織)
口腔前庭拡張術
小帯切除術(ショウタイセツジョジュツ)
エムドゲイン
歯肉縁上歯石と歯肉縁下歯石
歯石の化学的組成
ポケットデプスとプロービングポケットデプスの違い
パラタルフラップの手順
パラタルフラップの利点
パラタルフラップの特徴
新付着術(ENAP)
SPT(サポーティブペリオドンタルセラピー)
ボーンサウンディング
歯肉歯槽粘膜形成術(シニクシソウネンマクケイセイジュツ)
アタッチメントレベル
フェストゥーン
辺縁性歯周炎(ヘンエンセイシシュウエン)

ホーム RSS購読 サイトマップ
Home Sitemap Mail Company