みんなの歯学〜歯学部1年生でも理解できる!

歯周外科治療の種類

歯周外科治療の分類と種類

歯周外科治療の分類

 

歯周外科治療は、次の4つに大きく分類することができます。

 

・組織付着療法

 

・切除療法

 

・歯周組織再生療法

 

歯肉歯槽粘膜形成術

 

歯周外科治療の種類

 

次に、それぞれに分類されている術式について見ていきましょう。

 

組織付着療法

 

組織付着療法では、基本的に骨へのアタックを行いません。

 

ですから、骨切除や骨整形を伴わない外科処置となります。

 

歯根面および歯周ポケット内部に蓄積した細菌、細菌由来の汚染物質を徹底的に取り除くことが目的です。

 

根面やポケットの清掃が完了したら、歯肉軟組織が根面に付着するよう処置を施します。

 

組織付着療法には、次のような種類があります。

 

・歯周ポケット掻爬術

 

・歯肉剥離掻爬術(F-op)

 

・フラップキュレッタージ

 

新付着術(ENAP)

 

・ウィドマン改良フラップ

 

・アクセスフラップ

 

切除療法

 

切除療法では、軟組織および骨組織を切除して、歯周環境の改善を図ります。

 

具体的には、歯周ポケットをなくすように処置を施します。

 

切除療法には、次のような種類があります。

 

・歯肉弁根尖側移動術

 

・歯肉切除術

 

・骨切除術

 

・骨整形術

 

歯周組織再生療法

 

歯周組織再生療法とは、欠損した歯肉や歯槽骨などの歯周組織を再生させる治療法です。

 

歯周組織再生療法には、次のような種類があります。

 

・GTR法

 

エムドゲイン

 

歯肉歯槽粘膜形成術

 

歯肉歯槽粘膜形成術は、歯肉組織の形態や位置、その量に関連した欠損を修正するために行われる歯周外科処置です。

 

審美性の回復や歯周病の進行抑制といった目的が含まれています。

 

具体的には付着歯肉を増大、口腔前庭の拡張、小帯の切除などが行われます。

 

歯肉歯槽粘膜形成術には、次のような種類があります。

 

・小帯切断術

 

・口腔前庭形成(拡張)術

 

・遊離歯肉移植術(FGG)

 

・歯肉結合組織移植術(CTG)

 

・歯肉弁移動術(根尖側、歯冠側、側方)

 

個々の術式に関しては、それぞれ個別ページで詳しく解説しています。

 

 

歯周外科治療の種類 関連ページ

スティップリング(Gingival Stippling)
歯の動揺〜Millerの分類
咬合性外傷と外傷性咬合
根分岐部病変の原因と分類
Lindhe(リンデ)の根分岐部病変分類【図】
Glickman(グリックマン)の根分岐部病変分類
ファルカプラスティの適応と術式
トンネリングの適応と術式
歯根分離法(ルートセパレーション)の適応と術式
根分岐部病変の治療法
歯根切除法(ルートリセククション)の適応と術式
ヘミセクションの適応と術式
トライセクションの適応と術式
歯肉増殖症の原因となる薬剤
歯肉増殖症の治療法
遺伝性の歯肉増殖症
歯周外科治療の目的
歯周外科治療の禁忌症
歯周ポケット掻爬術
再付着と新付着(歯肉組織)
口腔前庭拡張術
小帯切除術(ショウタイセツジョジュツ)
エムドゲイン
歯肉縁上歯石と歯肉縁下歯石
歯石の化学的組成
ポケットデプスとプロービングポケットデプスの違い
パラタルフラップの手順
パラタルフラップの利点
パラタルフラップの特徴
新付着術(ENAP)
SPT(サポーティブペリオドンタルセラピー)
ボーンサウンディング
歯肉歯槽粘膜形成術(シニクシソウネンマクケイセイジュツ)
アタッチメントレベル
フェストゥーン
辺縁性歯周炎(ヘンエンセイシシュウエン)

ホーム RSS購読 サイトマップ
Home Sitemap Mail Company