みんなの歯学〜歯学部1年生でも理解できる!

再付着と新付着(歯肉組織)

歯肉組織の再付着と新付着

歯肉の再付着とは

 

歯周外科手術を施すと、セメント質と結合組織が分離します。

 

歯根面から歯肉を一度剥がさなければ、徹底したSRPを行えないからです。

 

治療後、分離されたセメント質と結合組織が再び結合することを再付着と呼んでいます。

 

付着が失われた原因が外傷や歯周外科処置に伴う切開であり、病的なものではないのがポイントです

 

臨床的には、長い上皮性付着を意味しています。

 

・セメント質と結合組織が再びつながること

 

・付着喪失の原因が病気ではない

 

・長い上皮性付着

 

歯肉の新付着とは

 

歯周疾患等、病的な原因で付着が喪失した際に、新たに結合組織性の付着を得ることを新付着と呼んでいます。

 

セメント質が新生され、1から結合組織性の付着が生じます。

 

GTR法やエムドゲインなどの歯周組織再生療法を行うことで実現する付着です。

 

なぜなら、自然な治癒に任せてしまえば、歯肉は接合上皮性の付着になってしまうからです。

 

これは歯周組織の治癒の早さが、それぞれで異なるためです。

 

次の順番で、治癒が完了していきます。

 

歯肉上皮>歯槽骨>歯肉結合組織>歯根膜

 

 

再付着と新付着(歯肉組織) 関連ページ

スティップリング(Gingival Stippling)
歯の動揺〜Millerの分類
咬合性外傷と外傷性咬合
根分岐部病変の原因と分類
Lindhe(リンデ)の根分岐部病変分類【図】
Glickman(グリックマン)の根分岐部病変分類
ファルカプラスティの適応と術式
トンネリングの適応と術式
歯根分離法(ルートセパレーション)の適応と術式
根分岐部病変の治療法
歯根切除法(ルートリセククション)の適応と術式
ヘミセクションの適応と術式
トライセクションの適応と術式
歯肉増殖症の原因となる薬剤
歯肉増殖症の治療法
遺伝性の歯肉増殖症
歯周外科治療の目的
歯周外科治療の禁忌症
歯周外科治療の種類
歯周ポケット掻爬術
口腔前庭拡張術
小帯切除術(ショウタイセツジョジュツ)
エムドゲイン
歯肉縁上歯石と歯肉縁下歯石
歯石の化学的組成
ポケットデプスとプロービングポケットデプスの違い
パラタルフラップの手順
パラタルフラップの利点
パラタルフラップの特徴
新付着術(ENAP)
SPT(サポーティブペリオドンタルセラピー)
ボーンサウンディング
歯肉歯槽粘膜形成術(シニクシソウネンマクケイセイジュツ)
アタッチメントレベル
フェストゥーン
辺縁性歯周炎(ヘンエンセイシシュウエン)

ホーム RSS購読 サイトマップ
Home Sitemap Mail Company