みんなの歯学〜歯学部1年生でも理解できる!

エムドゲイン

エムドゲイン(エナメルマトリックスタンパク)

エムドゲインとは

 

エムドゲインとは、歯周疾患によって破壊されたセメント質や歯槽骨などを再生させる根面塗布剤です。

 

エムドゲインというのは商品名で、物質名としてはエナメルマトリックスタンパクと呼ぶことができます。

 

・壊れたセメント質や骨の再生

 

エナメルマトリックスタンパク質(物質名)

 

エナメルマトリックスタンパクとは

 

エナメルマトリックスタンパクは、歯の発生過程でヘルトヴィッヒの上皮鞘から分泌される物質です。

 

歯根膜に存在している未分化の間葉組織に働きかけ、セメント芽細胞に分化させます。

 

このセメント芽細胞が無細胞性セメント質を産生し、根面にセメント質を形成していくのです。

 

・ヘルトヴィッヒの上皮鞘から分泌

 

・間葉組織をセメント芽細胞に分化

 

・無細胞性セメント質を産生

 

エムドゲインの処置法

 

エムドゲインは、主にフラップ手術の後に行われます。

 

歯肉弁を縫合する前に歯根面にリン酸エッチングかEDTA(エデト酸)によって処理を行い、エムドゲインを塗布します。

 

そうしてシャーピー線維に富んだ無細胞性の性セメント質が再生されます。

 

・フラップ手術後に処置

 

・歯根面の酸処理

 

・エムドゲインを歯根面に塗布

 

・シャーピー線維に富んだ無細胞セメント質の再生

 

エムドゲインは豚の歯胚形成期のエナメル質から抽出されたもの

 

エムドゲインという商品は、豚の歯胚形成期のエナメル質から抽出されたエナメルマトリックスタンパクを原材料としています。

 

歯胚の形成期に産生されるタンパクなので、患者自身の体から抽出することは難しいのです。

 

・豚の歯胚形成期のエナメル質から抽出

 

 

エムドゲイン 関連ページ

スティップリング(Gingival Stippling)
歯の動揺〜Millerの分類
咬合性外傷と外傷性咬合
根分岐部病変の原因と分類
Lindhe(リンデ)の根分岐部病変分類【図】
Glickman(グリックマン)の根分岐部病変分類
ファルカプラスティの適応と術式
トンネリングの適応と術式
歯根分離法(ルートセパレーション)の適応と術式
根分岐部病変の治療法
歯根切除法(ルートリセククション)の適応と術式
ヘミセクションの適応と術式
トライセクションの適応と術式
歯肉増殖症の原因となる薬剤
歯肉増殖症の治療法
遺伝性の歯肉増殖症
歯周外科治療の目的
歯周外科治療の禁忌症
歯周外科治療の種類
歯周ポケット掻爬術
再付着と新付着(歯肉組織)
口腔前庭拡張術
小帯切除術(ショウタイセツジョジュツ)
歯肉縁上歯石と歯肉縁下歯石
歯石の化学的組成
ポケットデプスとプロービングポケットデプスの違い
パラタルフラップの手順
パラタルフラップの利点
パラタルフラップの特徴
新付着術(ENAP)
SPT(サポーティブペリオドンタルセラピー)
ボーンサウンディング
歯肉歯槽粘膜形成術(シニクシソウネンマクケイセイジュツ)
アタッチメントレベル
フェストゥーン
辺縁性歯周炎(ヘンエンセイシシュウエン)
歯周パック
シュガーマンファイル
エナメルマトリックスタンパク質(EMD)

ホーム RSS購読 サイトマップ
Home Sitemap Mail Company