みんなの歯学〜歯学部1年生でも理解できる!

歯の動揺〜Millerの分類

歯の動揺〜Millerの分類

Miller(ミラー)の分類

 

0度

 

生理的動揺 0.2mm以内

 

1度

 

 

唇舌方向にわずかに動揺 0.2〜1mm

 

2度

 

唇舌方向に中等度に動揺  1.0〜2.0mm

 

近遠心方向にわずかに動揺

 

3度

 

唇舌、近遠心方向に動揺 2mm以上

 

歯軸の方向にも動揺

歯の動揺とは

歯は、健康な状態であっても、わずかに動揺します。

 

これを生理的動揺と呼びます。

 

歯は、歯槽骨という硬い組織に埋まっていますので、一見すると、ビクともしないように見えますよね。

 

けれども、歯槽骨と歯の間には、歯根膜などの組織が介在しており、生理的に動揺するよう作られているのです。

 

この動揺があることで、衝撃などを上手く緩和することが可能となっています。

 

ただし、歯周病を発症し、炎症によって支持組織の減少が起こると動揺度が増します。

 

その他、外傷性咬合によって歯の動揺度が増大することもあります。

 

歯の動揺の診査法

 

歯の動揺は、ピンセットを用いて診査します。

 

1歯1歯ピンセットでつまんで、どのくらい動揺するかを調べます。

 

タッピングをさせながら、人差し指の腹を上顎の歯の頬側に当てて触診します。

 

動揺度の分類〜Millerの分類

 

歯の動揺度は、以下のように4つに分類することができます。

 

これをMiller(ミラー)の分類と呼んでいます。

 

0度

 

生理的動揺 0.2mm以内

 

1度

 

 

唇舌方向にわずかに動揺 0.2〜1mm

 

2度

 

唇舌方向に中等度に動揺  1.0〜2.0mm

 

近遠心方向にわずかに動揺

 

3度

 

唇舌、近遠心方向に動揺 2mm以上

 

歯軸の方向にも動揺

歯の動揺〜Millerの分類 関連ページ

スティップリング(Gingival Stippling)
咬合性外傷と外傷性咬合
根分岐部病変の原因と分類
Lindhe(リンデ)の根分岐部病変分類【図】
Glickman(グリックマン)の根分岐部病変分類
ファルカプラスティの適応と術式
トンネリングの適応と術式
歯根分離法(ルートセパレーション)の適応と術式
根分岐部病変の治療法
歯根切除法(ルートリセククション)の適応と術式
ヘミセクションの適応と術式
トライセクションの適応と術式
歯肉増殖症の原因となる薬剤
歯肉増殖症の治療法
遺伝性の歯肉増殖症
歯周外科治療の目的
歯周外科治療の禁忌症
歯周外科治療の種類
歯周ポケット掻爬術
再付着と新付着(歯肉組織)
口腔前庭拡張術
小帯切除術(ショウタイセツジョジュツ)
エムドゲイン
歯肉縁上歯石と歯肉縁下歯石
歯石の化学的組成
ポケットデプスとプロービングポケットデプスの違い
パラタルフラップの手順
パラタルフラップの利点
パラタルフラップの特徴
新付着術(ENAP)
SPT(サポーティブペリオドンタルセラピー)
ボーンサウンディング
歯肉歯槽粘膜形成術(シニクシソウネンマクケイセイジュツ)
アタッチメントレベル
フェストゥーン
辺縁性歯周炎(ヘンエンセイシシュウエン)

ホーム RSS購読 サイトマップ
Home Sitemap Mail Company