みんなの歯学〜歯学部1年生でも理解できる!

パラタルフラップの手順

パラタルフラップの術式

パラタルフラップとは

 

パラタルフラップ手術は、Staffileno(1969)によって開発され、Corn(1980)によってさらに改良されたフラップ手術です。

 

口蓋組織が厚く肥厚した場合に用いられる歯周ポケット除去手術で、歯肉組織の厚い他の部位にも広く適用され、利用価値が高いとされています。

 

パラタルフラップの一次切開

 

図1

 

パラタルフラップ手術における一次切開の位置(図1-a)は、以下に挙げる点を考慮して設定する必要があります。

 

また、口蓋組織が厚いほど、術後の歯肉形態を良くするために一次切開の位置は根尖側寄りになるという特徴があります。

 

@口蓋組織の厚さ

 

A歯周ポケットの深さ

 

B骨欠損の程度

 

C骨の形態修正の必要性と臨床的歯冠長

 

均一な一次弁(1.5〜2.0mm)を形成するためには、一次弁の辺縁をティッシュプライヤーなどで把持し、口蓋軟組織を平行にコントロールしながら口蓋の中央方向にメスを動かしていきます(図1-b,c)。

 

切開中はフラップを穿孔しないように注意し、さらに十分な血液供給の確保のために、弁が極端に薄くならないように気を付ける必要があります。

 

パラタルフラップの二次切開

 

図2

 

二次弁を歯根面から剥離し、一塊として除去しやすいように歯周ポケット底部から歯槽骨へと二次切開を入れます(図2-d)。

 

No.12Bの替刃メスやOchsenbein No.2チゼルを使用します。

 

次に、歯から分離した二次弁を止血鉗子で掴みながら、No.15替刃メスで一次切開を骨にまで延長させ、二次弁と一次弁を完全に分離し、一塊として除去します(図2-e)。

 

すると、その後のキュレット操作が容易となり、手術時間も短縮することができるのです。

 

フラップの辺縁は骨頂部をやや被覆するか骨縁上の位置に縫合されるのが良いです(図2-f)。

 

参考文献

 

『歯周外科の臨床とテクニック』クインテッセンス出版

パラタルフラップの手順 関連ページ

スティップリング(Gingival Stippling)
歯の動揺〜Millerの分類
咬合性外傷と外傷性咬合
根分岐部病変の原因と分類
Lindhe(リンデ)の根分岐部病変分類【図】
Glickman(グリックマン)の根分岐部病変分類
ファルカプラスティの適応と術式
トンネリングの適応と術式
歯根分離法(ルートセパレーション)の適応と術式
根分岐部病変の治療法
歯根切除法(ルートリセククション)の適応と術式
ヘミセクションの適応と術式
トライセクションの適応と術式
歯肉増殖症の原因となる薬剤
歯肉増殖症の治療法
遺伝性の歯肉増殖症
歯周外科治療の目的
歯周外科治療の禁忌症
歯周外科治療の種類
歯周ポケット掻爬術
再付着と新付着(歯肉組織)
口腔前庭拡張術
小帯切除術(ショウタイセツジョジュツ)
エムドゲイン
歯肉縁上歯石と歯肉縁下歯石
歯石の化学的組成
ポケットデプスとプロービングポケットデプスの違い
パラタルフラップの利点
パラタルフラップの特徴
新付着術(ENAP)
SPT(サポーティブペリオドンタルセラピー)
ボーンサウンディング
歯肉歯槽粘膜形成術(シニクシソウネンマクケイセイジュツ)
アタッチメントレベル
フェストゥーン
辺縁性歯周炎(ヘンエンセイシシュウエン)

ホーム RSS購読 サイトマップ
Home Sitemap Mail Company