みんなの歯学〜歯学部1年生でも理解できる!

パラタルフラップの特徴

パラタルフラップのデザイン

パラタルフラップの特徴

 

パラタルフラップは口蓋の解剖学的特性のため、上下顎の頬側や下顎の舌側とは異なったフラップのデザインを必要とします。

 

具体的には、以下の3点を特徴としています。

 

@深い歯周ポケットを積極的に除去し、生理的な浅い歯肉溝を確立

 

A清掃しやすい歯肉形態

 

Bパラタルフラップを歯槽骨縁の形態と一致させる

 

パラタルフラップと口蓋組織の解剖学的特性との関係

 

上記の3つの特徴は、次に挙げる口蓋組織の解剖学的特性に関係しています。

 

解剖学的特性@

 

口蓋は咀嚼粘膜であり、弾性線維や疎性結合組織がない非可動性の組織である。

 

そのため、パラタルフラップを根尖側に移動することはできない。

 

解剖学的特性A

 

口蓋の組織は、角化した厚い組織であるため、歯面や骨縁に正確に密着、適合させることが難しく、術後の歯肉形態が悪くなりやすい。

 

そのため、ブラッシングが難しい厚い棚状の形態や歯肉クレーターを作ってしまい、術後歯周ポケットが再発しやすい。

 

解剖学的特性B

 

口蓋側では歯肉壁が厚いため、ブラッシング、スケーリングなどの初期治療によって歯肉の収縮が生じにくいので、初期治療による歯周ポケットの減少が期待できない。

解剖学的特性C

 

口蓋側の歯肉は器具の到達性が悪いので、治療およびセルフケアが不十分になりやすい。

 

パラタルフラップでは、歯肉内面を薄く削ぐようなpartial-thicknessの内側切開を行い、薄く均一な厚さのフラップを形成することで、歯面や歯槽骨への密着を容易にする。

 

それにより、術後に清掃しやすいような歯肉形態を作ることができる。

 

 

パラタルフラップの特徴 関連ページ

スティップリング(Gingival Stippling)
歯の動揺〜Millerの分類
咬合性外傷と外傷性咬合
根分岐部病変の原因と分類
Lindhe(リンデ)の根分岐部病変分類【図】
Glickman(グリックマン)の根分岐部病変分類
ファルカプラスティの適応と術式
トンネリングの適応と術式
歯根分離法(ルートセパレーション)の適応と術式
根分岐部病変の治療法
歯根切除法(ルートリセククション)の適応と術式
ヘミセクションの適応と術式
トライセクションの適応と術式
歯肉増殖症の原因となる薬剤
歯肉増殖症の治療法
遺伝性の歯肉増殖症
歯周外科治療の目的
歯周外科治療の禁忌症
歯周外科治療の種類
歯周ポケット掻爬術
再付着と新付着(歯肉組織)
口腔前庭拡張術
小帯切除術(ショウタイセツジョジュツ)
エムドゲイン
歯肉縁上歯石と歯肉縁下歯石
歯石の化学的組成
ポケットデプスとプロービングポケットデプスの違い
パラタルフラップの手順
パラタルフラップの利点
新付着術(ENAP)
SPT(サポーティブペリオドンタルセラピー)
ボーンサウンディング
歯肉歯槽粘膜形成術(シニクシソウネンマクケイセイジュツ)
アタッチメントレベル
フェストゥーン
辺縁性歯周炎(ヘンエンセイシシュウエン)

ホーム RSS購読 サイトマップ
Home Sitemap Mail Company