みんなの歯学〜歯学部1年生でも理解できる!

侵襲性歯周炎(シンシュウセイシシュウエン)

侵襲性歯周炎・若年性歯周炎・前思春期性歯周炎の意味

侵襲性歯周炎とは

 

侵襲性歯周炎とは、歯周組織の急速な破壊を特徴とする歯周炎です。

 

家族性に認められることから、遺伝が関連していると考えられています。

 

そのため臨床的には、歯肉の炎症やプラーク及び歯石の沈着が少ない傾向にあります。

 

・歯周組織の急速な破壊

 

・家族性(遺伝が関係する)

 

・歯肉の炎症やプラーク及び歯石の沈着が少ない

 

侵襲性歯周炎の別名

 

侵襲性歯周炎には、以下に挙げるような別称がありますが、どれも同じ病態を指しています。

 

・若年性歯周炎

 

・前思春期性歯周炎

 

侵襲性歯周炎の原因菌

 

侵襲性歯周炎の原因菌は、アグリゲイティバクター・アクチノミセテムコミタンス (Aggregatibacter actinomycetemcomitans) です。

 

・Aggregatibacter actinomycetemcomitans

 

この細菌によって、生体防御機構や免疫応答が低下させられていると考えられます。

 

侵襲性歯周炎の分類

 

侵襲性歯周炎は、限局型と広汎型の2つの分類できます。

 

・限局型

 

・広汎型

 

限局型

 

・病変の広がりが30%以下

 

・10歳代に好発

 

・第一大臼歯と前歯部で左右対称

 

・局所的な垂直性骨吸収が認められる

 

広汎型

 

・病変の広がりが30%以上

 

・30歳以下に好発

 

・第一大臼歯と前歯部以外にも症状が見られる

 

・活動期と静止期を繰り返す

 

 

侵襲性歯周炎(シンシュウセイシシュウエン) 関連ページ

スティップリング(Gingival Stippling)
歯の動揺〜Millerの分類
咬合性外傷と外傷性咬合
根分岐部病変の原因と分類
Lindhe(リンデ)の根分岐部病変分類【図】
Glickman(グリックマン)の根分岐部病変分類
ファルカプラスティの適応と術式
トンネリングの適応と術式
歯根分離法(ルートセパレーション)の適応と術式
根分岐部病変の治療法
歯根切除法(ルートリセククション)の適応と術式
ヘミセクションの適応と術式
トライセクションの適応と術式
歯肉増殖症の原因となる薬剤
歯肉増殖症の治療法
遺伝性の歯肉増殖症
歯周外科治療の目的
歯周外科治療の禁忌症
歯周外科治療の種類
歯周ポケット掻爬術
再付着と新付着(歯肉組織)
口腔前庭拡張術
小帯切除術(ショウタイセツジョジュツ)
エムドゲイン
歯肉縁上歯石と歯肉縁下歯石
歯石の化学的組成
ポケットデプスとプロービングポケットデプスの違い
パラタルフラップの手順
パラタルフラップの利点
パラタルフラップの特徴
新付着術(ENAP)
SPT(サポーティブペリオドンタルセラピー)
ボーンサウンディング
歯肉歯槽粘膜形成術(シニクシソウネンマクケイセイジュツ)
アタッチメントレベル
フェストゥーン
辺縁性歯周炎(ヘンエンセイシシュウエン)
歯周パック
シュガーマンファイル
エナメルマトリックスタンパク質(EMD)

ホーム RSS購読 サイトマップ
Home Sitemap Mail Company