みんなの歯学〜歯学部1年生でも理解できる!

クワドヘリックス

クワドヘリックス

クワドヘリックスとは

 

クワドヘリックスとは、歯列の幅を拡大する際に用いられる矯正装置です。

 

緩徐拡大装置の一種で、ゆっくりと時間をかけて、歯列の横幅を拡大していきます。

 

臼歯に金属製のバンドを装着し、ワイヤーを用いて矯正力を発揮させます。

 

このワイヤーの部分にヘリックス(らせん)構造が4つあるため、クワドヘリックスと呼ばれています。

 

ちなみに、ヘリックス構造が2つのものをバイヘリックスと呼びます。

 

クワドヘリックスの適応症

 

クワドヘリックスは、次のような症例に適応されます。

 

・上顎歯列弓の狭窄

 

・唇顎口蓋裂

 

クワドヘリックスの作用

 

クワドヘリックスは、次のような作用を発揮します。

 

・歯槽突起部の拡大(側方拡大、前方拡大)

 

・大臼歯の遠心回転によるスペースの獲得

 

・咬頭嵌合位の改善

 

「咬頭嵌合位の改善」という作用は、大臼歯の遠心回転とトルクの調節によって可能となります。

 

クワドヘリックスの利点と欠点

 

クワドヘリックスの利点としては、上顎急速拡大装置(RME)と比較して、個々の歯の移動調整がしやすいという点を挙げることができます。

 

一方、クワドヘリックスの欠点としては、正中口蓋縫合拡大による骨格的改善が行えない点を挙げることができます。

 

これを行えるのはRMEです。

 

クワドヘリックスの使用方法

 

クワドヘリックスは、小まめに調節しながら使用していきます。

 

具体的には、3〜5日おきに0.2mm程度拡大します。

 

長期間にわたって、比較的小さな量を拡大していきます。

 

クワドヘリックスの適応年齢

 

クワドヘリックスには、適応年齢というものがありません。

 

ですので、クワドヘリックスは成人してからでも使用することが可能です。

 

この点は、上顎急速拡大装置との大きな違いです。

クワドヘリックス 関連ページ

嫌気性細菌(ケンキセイサイキン)
根尖性歯周組織(コンセンセイシシュウソシキ)
傾斜移動(ケイシャイドウ)
歯体移動(シタイイドウ)
トルク(torque)
トータルディスクレパンシー
ヘッドギア
緩徐拡大装置(カンジョカクダイソウチ)
ドリフトドンティクス
アミロイド変性
アナコレーシス(anachoresis)
羊皮紙様感(ヨウヒシヨウカン)
根分岐部病変(コンブンキブビョウヘン)
パーフォレーション(穿孔)
EDTA(エデト酸)
圧下(アッカ)
挺出(テイシュツ)
回転(カイテン)
切歯斜面板(セッシシャメンバン)
構成咬合(コウセイコウゴウ)
中心咬合位(チュウシンコウゴウイ)
Hellman(ヘルマン)の歯年齢
カントゥア
ビーディング
安静空隙(アンセイクウゲキ)
ハミュラーノッチ
アーライン
フレンジテクニック
バランシングランプ
延長ブリッジ
頬棚(バッカルシェルフ)
ポストダム
ボンウィル三角
歯間離開度
選択的加圧印象
鼻唇溝(ビシンコウ)
レトロモラーパッド
デンチャープラーク
隣接面板(リンセツメンバン)
オーラルディスキネジア
チューイン法
反復唾液嚥下テスト(RSST)
ワルクホッフ小球
SPA要素
フランクフルト平面(FH平面)
ワイヤークラスプ(線鉤)
ティッシュストップ
カンペル平面
咬合小面(コウゴウショウメン)
マテリアアルバ(白質)
EBAセメント(酸化亜鉛ユージノールセメント)
HEMA(ヘマ)

ホーム RSS購読 サイトマップ
Home Sitemap Mail Company