みんなの歯学〜歯学部1年生でも理解できる!

歯科国試の要点

歯科国試の要点記事一覧

上顎劣成長がみられる症候群

上顎劣成長は、以下に挙げる疾患や症候群に見られます。・唇顎口蓋裂・Down症候群・Apert症候群(尖頭合指症)・Crouzon症候群(頭蓋顔面異骨症)・鎖骨頭蓋異形成症 ツイート!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0];if...

≫続きを読む

 

下顎劣成長がみられる症候群

下顎劣成長は、以下に挙げる症候群で見られます。・Treacher-Collins症候群・第一第二鰓弓症候群・Robinシークエンス・Russell-Silver症候群各症候群の主な症状各疾患、症候群の主な症状は以下の通りです。Treacher-Collins症候群(下顎顔面異骨症)⇒ 両側性の関節突...

≫続きを読む

 

巨舌がみられる症候群

以下に挙げる疾患および症候群では、巨舌がみられることがあります。・Down症候群・Beckwith-Wiedemann症候群・クレチン病・腫瘍性巨舌・アクロメガリー(先端肥大症・末端肥大症)・筋ジストロフィー・アミロイドーシス各疾患・症候群の特徴Beckwith-Wiedemann症候群(EMG症候...

≫続きを読む

 

矮小歯がみられる疾患

以下に挙げる疾患および症候群では、矮小歯がみられることがあります。・Down症候群・唇顎口蓋裂・無汗型外胚葉異形成症ちなみに、矮小歯には円錐歯や栓状歯などが含まれます。 ツイート!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0];if(...

≫続きを読む

 

メラニン色素沈着がみられる疾患

以下に挙げる疾患および症候群では、メラニン色素沈着がみられることがあります。・Addison病・Peuz-Jeghers症候群・McCune-Albright症候群・von-Recklinghausen病 ツイート!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsB...

≫続きを読む

 

歯の萌出遅延がみられる疾患

以下に挙げる疾患および症候群では、歯の萌出遅延がみられることがあります。・Down症候群・鎖骨頭蓋異形成症・無汗型外胚葉異形成症 ツイート!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0];if(!d.getElementById(id...

≫続きを読む

 

歯数の異常がみられる疾患

以下に挙げる疾患および症候群では、歯数の異常がみられることがあります。・鎖骨頭蓋異形成症・唇顎口蓋裂・Down症・無汗型外胚葉異形成症・先天性色素失調症各症候群の主な症状各疾患、症候群の主な症状は以下の通りです。鎖骨頭蓋異形成症歯の先天欠如、大泉門の閉鎖不全、乳歯の晩期残存、埋伏歯、過剰歯唇顎口蓋裂...

≫続きを読む

 

消化管ポリープがみられる症候群

以下に挙げる疾患および症候群では、消化管ポリープがみられることがあります。・Gardner症候群・Peutz-Jeghers症候群 ツイート!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0];if(!d.getElementById(i...

≫続きを読む

 

唾液分泌量が減少する薬物

以下に挙げる薬剤では、唾液分泌量が減少することがあります。・抗コリン作動薬(副交感神経遮断薬)・三環系抗うつ薬・抗ヒスタミン薬・抗パーキンソン病薬・降圧剤抗コリン作動薬・アトロピン・スコポラミン降圧剤・利尿薬・カルシウム拮抗薬 ツイート!function(d,s,id){var js,fjs=d.g...

≫続きを読む

 

平行法と二等分法の違い【比較】

平行法と二等分法を比較すると、以下のような違いがみられます。平行法二等分法垂直的入射各度小さい大きい焦点・被写体間距離長い短い像の歪み小さい大きい鮮鋭度高い低い照射時間長い短い被曝線量少ない多い平行法ではロングコーンを使用するため、焦点被写体間距離は長くなります。また、ロングコーンの使用によって放射...

≫続きを読む

 

良性腫瘍と悪性腫瘍の違い【比較】

良性腫瘍と悪性腫瘍を比較すると、以下にが挙げるような違いがみられます。良性腫瘍悪性腫瘍分化度高い低い発育速度遅い速い発育形式膨張性発育浸潤性発育境界明瞭不明瞭被膜ありなし転移なし頻発再発まれ頻発可動性ありなし全身への影響小さい大きい ツイート!function(d,s,id){var js,fjs=...

≫続きを読む

 

特徴的なパノラマエックス線所見

以下に挙げる疾患では、特徴的なパノラマエックス線所見がみられることがあります。疾患エックス線所見単純性骨嚢胞ホタテ貝状エナメル上皮腫・中心性血管腫蜂巣状歯原性粘液種テニスラケット状線維性異形成症・副甲状腺機能亢進症すりガラス状悪性腫瘍・慢性骨髄炎虫食い状(骨破壊)多発性骨髄腫打ち抜き像(パンチ打ち抜...

≫続きを読む

 

急性う蝕と慢性う蝕の違い【比較】

急性う蝕と慢性う蝕の違いを比較すると、以下の表の通りになります。急性う蝕慢性う蝕好発年齢若年者壮年者進行速い、穿通性遅い、穿下性軟化象牙質多い少ない着色少ない(淡黄色)多い(黒褐色)修復象牙質少ない多い ツイート!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsBy...

≫続きを読む

 

非プラーク性歯肉炎の種類

以下に挙げる歯肉炎は、非プラーク性歯肉炎に分類されます。・慢性剥離性歯肉炎・歯肉線維腫症・疱疹(ヘルペス)性歯肉口内炎・アレルギー性歯肉炎・外傷性歯肉炎慢性剥離性歯肉炎閉経後の女性に好発する歯肉炎で、皮膚疾患が歯肉に出現したものと考えられています。原因となる皮膚疾患・尋常性天疱瘡・類天疱瘡・多型滲出...

≫続きを読む

 

遺伝疾患に伴う歯周炎

以下に挙げる遺伝性疾患では、ひとつの症状として歯周炎が現れることがあります。・家族性周期性好中球減少症・Down症・Papillon-Lefevre症候群(先天性掌蹠角化症)・低ホスファターゼ症(低アルカリホスファターゼ血症) ツイート!function(d,s,id){var js,fjs=d.g...

≫続きを読む

 

顎骨内に発生する歯原性嚢胞

以下に挙げる歯原性嚢胞は、顎骨内に発生します。・歯根嚢胞・歯周嚢胞・含歯性嚢胞・側方性歯周嚢胞・腺性歯原性嚢胞このうち、歯根嚢胞と歯周嚢胞は炎症性嚢胞に分類されます。残りの3つは、発育性嚢胞に分類されます。炎症性嚢胞・歯根嚢胞・歯周嚢胞発育性嚢胞・含歯性嚢胞・側方性歯周嚢胞・腺性歯原性嚢胞各疾患の補...

≫続きを読む

 

非歯原性の偽嚢胞【3つ】

以下に挙げる3つは、非歯原性の偽嚢胞です。・単純性骨嚢胞・脈瘤性骨嚢胞・静止性骨空洞 ツイート!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0];if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(...

≫続きを読む

 

ビタミン欠乏が原因の歯肉出血

ビタミンCとビタミンKが欠乏すると、歯肉出血という症状が現れることがあります。欠乏によって歯肉出血を招くビタミンの種類・ビタミンC・ビタミンK歯肉出血を引き起こすメカニズムビタミンCビタミンC(アスコルビン酸)は、コラーゲン産生時のプロリン水酸化酵素(プロリルヒドロキシラーゼ)などの補酵素として作用...

≫続きを読む

 

【原則禁忌】歯科用リドカイン塩酸塩・アドレナリン配合局所麻酔薬

歯科用リドカイン塩酸塩とアドレナリン配合局所麻酔薬を使用する上で、以下に挙げる病態では原則禁忌となっています。・高血圧症・動脈硬化・心不全・糖尿病・甲状腺機能亢進症・血管攣縮の既往 ツイート!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[...

≫続きを読む

 

一時的止血法と永久的止血法

止血法は、以下の通り一時的止血法と永久的止血法の2つに分けることができます。一時的止血法・圧迫法・指圧法・栓塞法永久的止血法・結紮法・縫合法・捻転法・圧挫法・電気凝固法 ツイート!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0];if(...

≫続きを読む

 

支台歯形成時のマージン形態

支台歯形成時のマージン形態は、以下に挙げるような補綴物によって異なります。金属冠全周 ナイフエッジ、シャンファー陶材焼付冠・レジン前装冠唇側 ショルダー、ヘビーシャンファー、ベベルドショルダー舌側 シャンファージャケットクラウン全周 ショルダー、ヘビーシャンファーオールセラミッククラウン全周 ヘビー...

≫続きを読む

 

歯科材料の生体親和性・生体活性・生体許容性

歯科材料の生物学的性質は、化学的刺激がどのように生体に及ぶかによって、以下の4つに分類することができます。・生体親和性材料(=生体不活性材料)・生体内活性材料・生体許容性材料・細胞毒性材料生体親和性材料と生体親和性材料は、同義語です。生体親和性材料(=生体不活性材料)生体親和性材料には、以下のものが...

≫続きを読む

 

炎症の種類

炎症は以下の通り、病態に応じて5種類に分けることができます。・変質性炎・滲出性炎・増殖性炎・肉芽腫性炎・アレルギー性炎それぞれの炎症の特徴変質性炎組織の変性、壊死を主体とする炎症です。ex) 劇症肝炎滲出性炎循環障害と滲出が顕著にみられる炎症です。急性炎症では滲出性炎が主体となります。そんな滲出性炎...

≫続きを読む

 

アポトーシスとネクローシスの違い

アポトーシスとネクローシスでは、以下の表に挙げるような細胞内変化の違いがみられます。アポトーシスネクローシス細胞の形態的変化縮小、断片化膨潤核の変化凝集、断片化崩壊細胞周囲の炎症性反応なしあり細胞遺伝子の関与ありなしアポトーシスのポイントアポトーシスは、プログラム細胞死とも呼ばれ、全般的に細胞や細胞...

≫続きを読む

 

歯科治療における全身的偶発症【比較】

歯科治療では、以下に挙げるような偶発症が起こることがあります。偶発症原因症状鑑別血管迷走神経反射疼痛、不安徐脈、血圧低下、顔面蒼白心拍数↓ 血圧↓アナフィラキシーショック薬剤蕁麻疹、浮腫、血圧低下、呼吸困難、顔面紅潮心拍数↑ 血圧↓過換気症候群疼痛、不安呼吸困難、テタニー、動脈血のpH上昇心拍数↑ ...

≫続きを読む

 

上皮性と非上皮性【腫瘍の分類】

腫瘍は以下の表の通り、上皮性か非上皮性か、さらに良性か悪性かに分けることができます。良性悪性上皮性乳頭腫、腺腫癌腫非上皮性線維種、筋腫、脂肪腫、血管腫、骨腫、軟骨腫肉腫 ツイート!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0];if(...

≫続きを読む

 

【アングルU級】1類と2類の違い

アングルU級の1級と2級では、以下の表にような違いがあります。AngleU級1類AngleU級2類呼吸様式口呼吸鼻呼吸上顎前歯唇側傾斜上顎中切歯歯軸傾斜角 大唇側傾斜上顎中切歯歯軸傾斜角 小interincisal angle小さい大きいANB角大きい大きいA-B平面角大きい大きい顔面角小さい小さい...

≫続きを読む

 

【WHO】歯原性腫瘍の分類【2017年改訂版】

歯原性腫瘍の分類は、2017年に改定されました。良性歯原性腫瘍の分類は以下の表の通りです。分類疾患良性上皮性歯原性腫瘍・エナメル上皮腫・転移性エナメル上皮腫・扁平歯原性腫瘍・石灰化上皮性歯原性腫瘍・腺腫様歯原性腫瘍良性上皮間葉混合性歯原性腫瘍・エナメル上皮線維腫・原始性歯原性腫瘍・歯牙腫・象牙質形成...

≫続きを読む

 

診療録(カルテ)の記載内容【歯科】

歯科の診療録では、以下に挙げる内容を記載することが法律で決められています。・診療を受けた者の住所、氏名、性別、年齢・病名及び主要症状・治療方法(処置法及び処置)・診療の年月日歯科における診療録の記載内容を規定した法律歯科医師法施行規則第22条 ツイート!function(d,s,id){var js...

≫続きを読む

 

処方箋の記載事項・交付義務【歯科医師】

処方箋の記載事項処方箋には、以下の事項を記載する義務があります。・患者の氏名、年齢・薬名・分量、用法・発行の年月日・使用期間・病院もしくは診療所の名称、所在地(もしくは歯科医師の住所)・記名押印または署名処方箋の保存義務処方整は、病院と薬局で保存期間が異なります。病院での保存・医療法施行規則により2...

≫続きを読む

 

軟口蓋の筋肉の作用と支配神経

軟口蓋には、以下に挙げる5つの筋肉が存在しています。機能支配神経口蓋帆張筋軟口蓋の下降下顎神経口蓋帆挙筋軟口蓋の挙上=鼻咽腔閉鎖咽頭神経叢口蓋垂筋口峡の閉鎖咽頭神経叢口蓋舌筋口峡の閉鎖咽頭神経叢口蓋咽頭筋口峡の閉鎖咽頭神経叢軟口蓋の挙上は、鼻咽腔の閉鎖を意味します。 ツイート!function(d,...

≫続きを読む

 

咀嚼筋の起始・停止と機能

咀嚼筋の起始・停止およびその機能は、以下の表の通りです。起始停止機能(下顎の移動)咬筋頬骨弓下縁咬筋粗面上方側頭筋側頭骨側頭窩筋突起上方、後方内側翼突筋蝶形骨翼突窩翼突筋粗面上方外側翼突筋 上頭蝶形骨側頭下面関節円板前下方(両側の作用)側方(片側の作用)外側翼突筋 下頭蝶形骨翼状突起外側板外面下顎頸...

≫続きを読む

 

咀嚼筋(ソシャクキン)

咀嚼筋の種類咀嚼筋には、以下の4つが含まれます。・咬筋・側頭筋・内側翼突筋・外側翼突筋咀嚼筋の特徴咀嚼筋は、表情筋よりも深層に位置している筋肉です。全て頭蓋から起こり、下顎骨に停止し、下顎神経の運動性支配を受けます。・表情筋よりも深層に位置・全て頭蓋から起始、下顎骨に停止・全て下顎神経の運動性支配を...

≫続きを読む

 

脳頭蓋底の軟骨結合【化骨の時期】

脳頭蓋底にある3つの軟骨結合は、表に記載した時期に化骨します。部位化骨の時期蝶形骨間軟骨結合出生時蝶形篩骨軟骨結合7〜10歳蝶形後頭軟骨結合18〜20歳 ツイート!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0];if(!d.getEl...

≫続きを読む

 

頭蓋骨・顔面骨の骨化様式

脳頭蓋である頭蓋冠と頭蓋底、および顔面頭蓋の骨化様式は以下の通りです。部位骨化様式頭蓋冠膜内骨化頭蓋底(蝶形骨)軟骨内骨化顔面頭蓋膜内骨化(*下顎頭は軟骨内骨化) ツイート!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0];if(!d....

≫続きを読む

 

乳歯の特徴【永久歯との比較】

乳歯には、以下に挙げるような特徴がみられます。大きさ乳歯 < 永久歯 (ただし乳臼歯は後続永久歯より大)歯冠形態歯冠長と比べ相対的に近遠心径が大きい歯冠歯根比歯冠歯根比は乳歯の方が小さい→ 相対的に歯根が長いという意味歯帯歯帯は乳歯の方が発達している咬合面裂溝咬合面裂溝は乳歯の方が浅い歯根離開度歯根...

≫続きを読む

 

下顎骨の添加・吸収部位

下顎骨は、成長発育に伴い、以下の表に示す部位で骨添加および骨吸収が起こります。その結果、体積は増加し、形態は複雑になっていきます。部位添加吸収筋突起部筋付着部、後縁前縁下顎枝外側面、後縁内側面、前縁下顎角部外側面内側面下顎骨体外側面、下縁部内側面歯槽部唇側面以外唇側面オトガイ部ありなし下顎頭ありなし...

≫続きを読む

 

小児の生理的特徴【成人との比較】

小児は成長過程にあることから、成人とは以下に挙げる生理的特徴の違いがみられます。生理的特徴成人よりも低い値を示すもの血圧、1日尿量、血色素量、赤血球数成人よりも高い値を示すもの体温(約37℃)、呼吸数(約20/分)脈拍数(約100回)、白血球数、睡眠時間新生児の特徴新生児の心拍数は、10歳児より大き...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
Home Sitemap Mail Company