みんなの歯学〜歯学部1年生でも理解できる!

アクロメガリー(先端肥大症・末端肥大症)

アクロメガリー(先端肥大症・末端肥大症)の意味と症状

アクロメガリーとは

 

アクロメガリーとは、成長ホルモンの過剰分泌によって、身体の末端部が肥大する病気です。

 

特に頭、顔、手足の進行性肥大を特徴としています。

 

そんなアクロメガリーは、先端肥大症や末端肥大症と呼ばれることもあります。

 

・成長ホルモンの過剰分泌が原因

 

・頭、顔、手足の進行性肥大

 

・先端肥大症

 

・末端肥大症

 

アクロメガリーの詳しい症状

 

アクロメガリーでは、下顎が大きく成長することで前突し、オトガイ部が突出します。

 

上顎骨や眼窩上縁、頬骨なども肥大し、副鼻腔も拡大傾向にあります。

 

耳、鼻、口唇、舌は巨大化し、顔面の長さや深さも大きくなります。

 

とりわけ下顔面の前下方への著名な過成長が認められます。

 

・下顎の過成長によるオトガイ部の前突

 

・上顎骨、眼窩上縁、頬骨の肥大

 

・副鼻腔の拡大

 

・耳、鼻、口唇、舌の巨大化

 

・下顔面の前下方への過成長

 

その他、アクロメガリーでは、臓器肥大症および他の代謝異常によって、糖尿病を併発することもあります。

 

 

アクロメガリー(先端肥大症・末端肥大症) 関連ページ

Scammonの発育曲線
リーウェイスペース(Leeway space)
霊長空隙と発育空隙
トリーチャーコリンズ症候群(下顎顔面異骨症)
マッキューン・オルブライト症候群
レックリングハウゼン病(神経線維腫症T型)
ピエール・ロバン症候群の原因と症状
大理石骨病(アルベルス・シェーンベルグ病)
Beckwith-Wiedemann(ベックウィズ-ウィーデマン)症候群
パピヨン-ルフェーブル症候群の原因と症状
シルバーラッセル症候群の原因と症状
生歯困難(セイシコンナン)
ターミナルプレーン
ベドナーアフタ(Bednar aphtha)
リガフェーデ病
無汗型外胚葉異形成症(ムカンガタガイハイヨウイケイセイショウ)
フッ化ジアンミン銀(サホライド)
ロバンシークエンス(ロバン続発症)
先天性表皮水疱症
アデノイド顔貌(ガンボウ)
みにくいあひるの子の時代
乳歯冠・乳歯用既製冠
ポイツ・ジェガース(Peutz-Jeghers)症候群
オーラルスクリーン
鎖骨頭蓋異形成症(サコツトウガイイケイセイショウ)
基底細胞母斑症候群
加生歯(カセイシ)
ケルビズム
乳歯のインピーダンス測定値
顎間空隙(ガッカンクウゲキ)
哺乳ビンう蝕(ホニュウビンウショク)
クラウンループ
小児義歯(ショウニギシ)
可撤保隙装置(カテツホゲキソウチ)

ホーム RSS購読 サイトマップ
Home Sitemap Mail Company