みんなの歯学〜歯学部1年生でも理解できる!

みにくいあひるの子の時代

みにくいあひるの子の時代の意味

みにくいあひるの子の時代とは

 

みにくいあひるの子の時代とは、上顎中切歯が扇状に遠心に傾斜して、正中離開している状態を指します。

 

上顎中切歯の萌出時期に見られる一過性のものなので、基本的には治療を必要としません。

 

側切歯や犬歯の萌出に伴って自然に治ることがほとんどです。

 

・上顎中切歯が遠心に傾斜して正中離開している状態

 

・萌出時に出現

 

・側切歯や犬歯の萌出に伴って自然治癒

 

「みにくいあひるの子の時代」の名前の由来

 

みにくいあひるの子の時代というのは、アンデルセンの童話にちなんで命名されました。

 

正中離開という、一見すると異常に見える外見が名前の由来です。

 

・アンデルセンの童話が由来

 

治療が必要になるケースもある

 

みにくいあひるの子の時代では、正中過剰歯や側切歯の先天欠如、それから上唇小帯の異常などが原因であるケースも存在します。

 

その場合、歯の交換時期を終えた後も正中離開が残ることがありますので、適切な治療が必要となってきます。

 

・正中過剰歯

 

・側切歯の先天欠如

 

・上唇小帯の異常

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
Home Sitemap Mail Company