みんなの歯学〜歯学部1年生でも理解できる!

乳歯冠・乳歯用既製冠

乳歯冠・乳歯用既製冠の適応症と特徴

乳歯冠とは

 

乳歯冠とは、乳歯に用いられる既製全部被覆冠です。

 

乳歯用既製冠と呼ばれることもあります。

 

・乳歯に用いられる既製全部被覆冠

 

・乳歯用既製冠(別称)

 

乳歯冠の適応症

 

乳歯冠の適応症は以下の通りです。

 

・う蝕により歯冠が著しく崩壊している歯

 

・部分修復では十分な保持抵抗形態が得られない歯

 

・う蝕感受性が高い歯(二次カリエスのリスクが高い)

 

・口腔管理を十分に行えないケース(心身障害児など)

 

・歯髄処置を施した歯

 

・クラウンループやディスタルシューなどの支台歯

 

・歯冠の一部が破折した歯

 

乳歯冠の特徴

 

乳歯冠は、歯冠の機能と解剖学的形態を1度に回復させることができます。

 

また、歯質の削除量は、鋳造冠と比較すると少なく済みます。

 

それに加えて、乳歯冠は安価であるというメリットも存在しています。

 

・歯冠の機能と解剖学的形態を1度に回復

 

・鋳造冠よりも歯質削除量が少ない

 

・安価である

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
Home Sitemap Mail Company