みんなの歯学〜歯学部1年生でも理解できる!

哺乳ビンう蝕(ホニュウビンウショク)

哺乳ビンう蝕の特徴と原因

哺乳ビンとは

 

哺乳ビンとは、誤った哺乳ビンの使い方によって生じる乳児の乳児の虫歯です。

 

上顎前歯部の唇舌側面、上顎第一乳臼歯頬側面から咬合面にかけて、広範囲に見られます。

 

哺乳ビンう蝕の好発部位

 

・上顎前歯部の唇舌側面

 

・上顎第一乳臼歯頬側面から咬合面

 

哺乳ビンの原因

 

就寝時に哺乳ビンで哺乳させると、その姿勢から上顎口腔前庭部にミルクが停留しやすくなります。

 

また、睡眠中は唾液の分泌が低下し、自浄作用も悪くなるため、う蝕になりやすくなるのです。

 

・就寝時の哺乳

 

・上顎口腔底部にミルクが停留

 

・唾液分泌の低下からう蝕を誘発

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
Home Sitemap Mail Company