みんなの歯学〜歯学部1年生でも理解できる!

クラウンループ

クラウンループの特徴と適応症

クラウンループとは

 

クラウンループとは、乳臼歯1歯欠損で早期喪失した場合に、空隙を保持する装置です。

 

支台歯にクラウンを用い、ワイヤーをループ状に曲げてろう付けします。

 

支台歯は隣の乳臼歯を用います。

 

そんなクラウンループは、片側性に乳臼歯を早期喪失した際に多く用いられます。

 

・乳臼歯1歯を早期喪失

 

・保隙装置

 

・支台歯は乳臼歯

 

・片側性の乳臼歯早期喪失症例に適応

 

クラウンループの種類

 

クラウンの代わりにバンドを用いたものをバンドループと呼びます。

 

その他、アンレーや太めのワイヤーを用いるものなど、ケースに応じて様々な種類が存在しています。

 

 

クラウンループ 関連ページ

Scammonの発育曲線
リーウェイスペース(Leeway space)
霊長空隙と発育空隙
トリーチャーコリンズ症候群(下顎顔面異骨症)
マッキューン・オルブライト症候群
レックリングハウゼン病(神経線維腫症T型)
ピエール・ロバン症候群の原因と症状
大理石骨病(アルベルス・シェーンベルグ病)
Beckwith-Wiedemann(ベックウィズ-ウィーデマン)症候群
パピヨン-ルフェーブル症候群の原因と症状
シルバーラッセル症候群の原因と症状
生歯困難(セイシコンナン)
ターミナルプレーン
ベドナーアフタ(Bednar aphtha)
リガフェーデ病
無汗型外胚葉異形成症(ムカンガタガイハイヨウイケイセイショウ)
フッ化ジアンミン銀(サホライド)
ロバンシークエンス(ロバン続発症)
先天性表皮水疱症
アクロメガリー(先端肥大症・末端肥大症)
アデノイド顔貌(ガンボウ)
みにくいあひるの子の時代
乳歯冠・乳歯用既製冠
ポイツ・ジェガース(Peutz-Jeghers)症候群
オーラルスクリーン
鎖骨頭蓋異形成症(サコツトウガイイケイセイショウ)
基底細胞母斑症候群
加生歯(カセイシ)
ケルビズム
乳歯のインピーダンス測定値
顎間空隙(ガッカンクウゲキ)
哺乳ビンう蝕(ホニュウビンウショク)
小児義歯(ショウニギシ)
可撤保隙装置(カテツホゲキソウチ)

ホーム RSS購読 サイトマップ
Home Sitemap Mail Company