みんなの歯学〜歯学部1年生でも理解できる!

クラウンループ

クラウンループの特徴と適応症

クラウンループとは

 

クラウンループとは、乳臼歯1歯欠損で早期喪失した場合に、空隙を保持する装置です。

 

支台歯にクラウンを用い、ワイヤーをループ状に曲げてろう付けします。

 

支台歯は隣の乳臼歯を用います。

 

そんなクラウンループは、片側性に乳臼歯を早期喪失した際に多く用いられます。

 

・乳臼歯1歯を早期喪失

 

・保隙装置

 

・支台歯は乳臼歯

 

・片側性の乳臼歯早期喪失症例に適応

 

クラウンループの種類

 

クラウンの代わりにバンドを用いたものをバンドループと呼びます。

 

その他、アンレーや太めのワイヤーを用いるものなど、ケースに応じて様々な種類が存在しています。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
Home Sitemap Mail Company