みんなの歯学〜歯学部1年生でも理解できる!

小児義歯(ショウニギシ)

小児義歯の特徴や適応症

小児義歯とは

 

小児義歯とは、可撤保隙装置の一種で、床型保隙装置または乳歯義歯とも呼ばれています。

 

・可撤保隙装置の一種

 

・床型保隙装置、乳歯義歯 (別名)

 

小児義歯の適応症

 

乳歯の1/4顎2歯以上の早期喪失があり、咀嚼機能、発生・発語機能、審美性の低下がある場合に適応されます。

 

・乳歯の1/4顎2歯以上の早期喪失

 

・咀嚼機能、発生・発語機能、審美性の低下

 

小児義歯の目的

 

小児義歯は、現存する歯列・咬合状態を維持することを目的としています。

 

ただし、この装置によって総合咀嚼器官としての発育軌道が正常に維持されるとは限りません。

 

そのため、咬合の発育に応じた調整が必要となります。

 

・現存する歯列・咬合状態の維持

 

・咬合の発育に応じた調整が必要となります。

 

小児義歯の注意点

 

小児義歯は着脱可能であり、材料の性質上口腔内が汚染されやすいため、患児が術者の指示を十分に受けられないケースでは適応が難しいといえます。

 

・着脱可能で材料の性質上口腔内が汚染されやすい

 

⇒ 患児の協力が不可欠

 

 

小児義歯(ショウニギシ) 関連ページ

Scammonの発育曲線
リーウェイスペース(Leeway space)
霊長空隙と発育空隙
トリーチャーコリンズ症候群(下顎顔面異骨症)
マッキューン・オルブライト症候群
レックリングハウゼン病(神経線維腫症T型)
ピエール・ロバン症候群の原因と症状
大理石骨病(アルベルス・シェーンベルグ病)
Beckwith-Wiedemann(ベックウィズ-ウィーデマン)症候群
パピヨン-ルフェーブル症候群の原因と症状
シルバーラッセル症候群の原因と症状
生歯困難(セイシコンナン)
ターミナルプレーン
ベドナーアフタ(Bednar aphtha)
リガフェーデ病
無汗型外胚葉異形成症(ムカンガタガイハイヨウイケイセイショウ)
フッ化ジアンミン銀(サホライド)
ロバンシークエンス(ロバン続発症)
先天性表皮水疱症
アクロメガリー(先端肥大症・末端肥大症)
アデノイド顔貌(ガンボウ)
みにくいあひるの子の時代
乳歯冠・乳歯用既製冠
ポイツ・ジェガース(Peutz-Jeghers)症候群
オーラルスクリーン
鎖骨頭蓋異形成症(サコツトウガイイケイセイショウ)
基底細胞母斑症候群
加生歯(カセイシ)
ケルビズム
乳歯のインピーダンス測定値
顎間空隙(ガッカンクウゲキ)
哺乳ビンう蝕(ホニュウビンウショク)
クラウンループ
可撤保隙装置(カテツホゲキソウチ)

ホーム RSS購読 サイトマップ
Home Sitemap Mail Company