みんなの歯学〜歯学部1年生でも理解できる!

歯科材料の生体親和性・生体活性・生体許容性

歯科材料の化学的刺激分類

歯科材料の生物学的性質は、化学的刺激がどのように生体に及ぶかによって、以下の4つに分類することができます。

 

・生体親和性材料(=生体不活性材料

 

・生体内活性材料

 

・生体許容性材料

 

・細胞毒性材料

 

生体親和性材料と生体親和性材料は、同義語です。

 

生体親和性材料(=生体不活性材料

 

生体親和性材料には、以下のものが挙げられます。

 

・セラミック

 

・アルミナ

 

・ジルコニア

 

・チタン

 

・カーボン

 

このうち、ジルコニアとチタンはインプラント治療で活用されています。

 

生体活性材料

 

生体活性材料には、以下のものが挙げられます。

 

・生体ガラス

 

・ハイドロキシアパタイト

 

・第3リン酸カルシウム(βTCP)

 

・第4リン酸カルシウム(4CP)

 

・ポリ乳酸(PLA)

 

・ポリグリコール酸(PGA)

 

このうち、第3リン酸カルシウム(βTCP)、第4リン酸カルシウム(4CP)、ポリ乳酸(PLA)、ポリグリコール酸(PGA)は生体崩壊性材料とも呼ばれることがあります。

 

生体崩壊性材料とは、材料が生体内で崩壊し、生体と反応して吸収されるという意味です。

 

つまり、吸収性の材料ということです。

 

生体許容性材料

 

生体許容性には、以下のものが挙げられます。

 

・ニッケル

 

・コバルト

 

・パラジウム

 

・残留モノマー

 

これらの材料は、アレルギー反応が起こらないよう工夫することで、歯科治療に活用することができます。

 

そのため「許容性」という言葉が用いられているのです。

 

細胞毒性材料

 

・アスベスト

 

・ベリリウム

 

・フッ素酸

 

・水銀蒸気

 

これらの材料は、明らかに生体にとって有害ではありますが、歯科治療のプロセスで発生する可能性があるため注意が必要です。

 

例えば、ベリリウムであれば、Ni-Cr溶解時に発生し、フッ素酸は陶材の溶解時やエッチングの際に発生します。

 

 

 

歯科材料の生体親和性・生体活性・生体許容性 関連ページ

上顎劣成長がみられる症候群
下顎劣成長がみられる症候群
巨舌がみられる症候群
矮小歯がみられる疾患
メラニン色素沈着がみられる疾患
歯の萌出遅延がみられる疾患
歯数の異常がみられる疾患
消化管ポリープがみられる症候群
唾液分泌量が減少する薬物
平行法と二等分法の違い【比較】
良性腫瘍と悪性腫瘍の違い【比較】
特徴的なパノラマエックス線所見
急性う蝕と慢性う蝕の違い【比較】
非プラーク性歯肉炎の種類
遺伝疾患に伴う歯周炎
顎骨内に発生する歯原性嚢胞
非歯原性の偽嚢胞【3つ】
ビタミン欠乏が原因の歯肉出血
【原則禁忌】歯科用リドカイン塩酸塩・アドレナリン配合局所麻酔薬
一時的止血法と永久的止血法
支台歯形成時のマージン形態
炎症の種類
アポトーシスとネクローシスの違い
歯科治療における全身的偶発症【比較】
上皮性と非上皮性【腫瘍の分類】
【アングルU級】1類と2類の違い
【WHO】歯原性腫瘍の分類【2017年改訂版】
診療録(カルテ)の記載内容【歯科】
処方箋の記載事項・交付義務【歯科医師】
軟口蓋の筋肉の作用と支配神経
咀嚼筋の起始・停止と機能
咀嚼筋(ソシャクキン)
脳頭蓋底の軟骨結合【化骨の時期】
頭蓋骨・顔面骨の骨化様式
乳歯の特徴【永久歯との比較】
下顎骨の添加・吸収部位
小児の生理的特徴【成人との比較】
注射法の種類
ターミナルプレーンと第一大臼歯の咬合関係
経口投与と静脈内投与の違い【比較】
発声器官と構音器官の違い
口臭症の分類・治療法
唇顎口蓋裂の治療と適応時期【3つのステップ】
【比較】歯肉縁上歯石と歯肉縁下歯石
嚥下造影検査と嚥下内視鏡検査の違い【比較】
上気道と下気道〜含まれる器官と特徴
心臓の弁の種類と位置
血管拡張物質と血管収縮物質
口呼吸の原因と悪影響
顎関節症の分類
反対咬合がみられる症候群
泉門の閉鎖時期
【WHO】唾液腺腫瘍の分類・良性【2017】
【WHO】歯原性嚢胞の分類【2017年改訂版】

ホーム RSS購読 サイトマップ
Home Sitemap Mail Company