みんなの歯学〜歯学部1年生でも理解できる!

摂食・嚥下の5期

摂食・嚥下の5期モデル

摂食・嚥下の5期モデルとは

 

ものを食べて飲み込む、というのは、一見すると、とてもシンプルな行為に思えます。

 

けれども、そこには複雑なプロセスが存在し、様々な筋肉や反射によって成り立っているのです。

 

このプロセスを「嚥下の5期モデル」と呼んでいます。

 

嚥下の5段階には、認知期、咀嚼期、口腔期、咽頭期、食道期があります。

 

特に、認知期を先行期咀嚼期を準備期と呼ぶことがあります。

 

それでは、嚥下の5段階について、詳しく見ていきましょう。

 

認知期

 

認知期とは、目の前に食物があることを確認する時期です。

 

主に、視覚と聴覚を使って、食物を認知します。

 

すると人は、食べたいという衝動に駆られますよね。

 

 

咀嚼期

 

見た目と臭いから、目の前にあるものが摂食可能であると判断された場合、それをお口の中に摂取します。

 

そして、歯や咀嚼筋などを活用して、食物を粉砕していくのです。

 

この時、唾液線から沢山の唾液が分泌され、食物と混和されることで、飲み込みやすい形に調整されていきます。

 

口腔期

 

咀嚼期に形成された「食塊」が口腔から咽頭へと送りこまれる時期です。

 

自分の意志で飲み込む場合は、随意運動で嚥下が行われます。

 

ですから、自分の意志で飲み込まないことも可能と言えます。

 

チューイングガムがわかりやすい例です。

 

ガムは噛むことを目的としていますので、最初から最後まで、口腔内に留めておきます。

 

これは、口腔期の嚥下が、随意運動で行われているためです。

 

咽頭期

 

食塊が咽頭を通り、その奥にある食道まで運ばれる時期です。

 

この咽頭期は、不随意運動でです。

 

咽頭の周囲にある筋肉が連携して、食塊を反射的に食道まで送りこんで行きます。

 

ですので、反射性運動とも言われています。

 

食道期

 

食塊を胃まで送り込まれる時期です。

 

咽頭期と同様、反射性運動によって成り立っています。

 

このように、嚥下の5段階というのは、口腔期までは自分の意志でコントロールでき、咽頭期からは反射によって進行していくと言えます。

 

ポイントを以下にまとめておきます。

 

口腔期 → 随意運動

 

咽頭期 → 不随意運動

 

食道期 → 不随意運動

 

 

摂食・嚥下の5期 関連ページ

自律神経の拮抗作用

ホーム RSS購読 サイトマップ
Home Sitemap Mail Company